警察だから信用できないのだ・・詐欺被害にご注意を・・

 

 

報道によると 2019年(令和元年)10月23日 埼玉県秩父市の77歳の女性は 警察官を名乗る男から「自宅に保管されている現金が偽札の疑いがある。札の番号を確認するため警察官を確認に向かわせる。」と電話があり この女性は電話を信じてしまい自宅を訪問した男性に 現金2500万円あまりを手渡して詐欺被害に遭ってしまった。」と大々的に報道されている。

 https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20191023/1100006964.html

誠に残念な被害だ。

 

私・大河原宗平「警察正常化協議会 代表 大河原宗平」が問題にしたいのはここからです。

この事件を報道するマスゴミが流す警察のコメントが大ウソであり 「こんなコメントを流すから 詐欺被害が止まらないのだ」と 大声で叫びたい。

 

よくも警察が「警察官が現金を預かることは絶対にない。不審な電話があったらすぐに警察に通報するように呼び掛けている。」なんて 言えたものだ。

笑わせるんじゃありませんよ

 

 

広島県警察広島中央警察署なんか 警察署内の金庫に鍵をかけて保管しておいた(詐欺被害の証拠金だとされる)現金8572万円が(警察部内の犯人に)盗まれているんですよ~ 

広島県警は犯人の捜査を放棄しているようですが。

この犯人は誰が推測しても警察内部の犯行だと思って間違いないだろう・・・

 

まだ有りますよ。

本年(2019年・令和元年)7月ごろ発覚した 京都府警の警察官が 金融機関から 「お年寄りが詐欺被害にあう可能性がある」と通報を受けて そのお年寄り宅を訪問 「お金を預かる」と多額の現金を騙し取ったとの報道が有る。

犯人は間違いなく 京都府警の現職の警察官です・・・

 

こんな事件を抱えている「日本警察」が いかにも詐欺被害を予防・捜査しているかのように装うのは噴飯ものだ。 

 

それでもマスゴミを使って「警察官が現金を預かることは絶対にない。不審な電話があったらすぐに警察に通報するように」なんて よくも恥ずかしくも無く言って退けているものだ・・・

 

 

「警察だから 信用できない」のじゃありませんか?

 

「警察は最大の犯罪組織だ」というのが多くの国民の通説です。

在りもしない「架空の協力者」に「情報提供謝礼の現金を支払った」という大ウソ書類を勝手に作って国民の血税である「税金から現金を詐欺する手口」は今や世の中の常識。

 

警察こそが信用できない組織だ・・・

 

詐欺被害に遭わないようにするのは 「ご自分が人を信用しないこと」だ。

 

私・大河原宗平は 100万円の札束に手を染めなかった・・・
http://livedoor.blogcms.jp/blog/keiseikyo/article/edit?id=72349598

これは 声高に披露できます。