新宿・歌舞伎町で暴行事件を起こして逮捕されたのは 福島県警の警部だった

 

福島県警の警部が 何故 お盆の真っ最中の 8月16日未明(15日 25時以降?)に 東京の新宿にいたのか?

誰も疑問を持たないでしょうが 福島県警の警部が 東京まで遊び行っていることは考えられない・・・

 

考えられるのは 全国警察では 上級幹部の通り道 「警部」の階級に上ると 東京にある 「警察大学校」と呼ばれる 「幹部講習所」に入る。

 

全国から東京に集まる 「新任警部」は 日ごろの仕事から解放されて 「飲みまくる」「遊びまくる」で 警部という上級幹部である自覚を失くし「警部巡査」と呼ばれる「最低の人間」に陥ると言われるのが常なのだ。

 

ネットで 福島県警の警部級の人事異動を検索しても 公開されていないのか ヒットしてこない。どなたか この 

 「福島県警の 高橋幸一郎という警部」

が いつ警部に昇任して いつ会津若松警察署の交通課長代理になったのか

ご存知でしたら 教えてください。

 

私・大河原宗平が考える 「幹部講習所(別名 警察大学校) 入校中」の暇人の行動ではなかったのか との疑問を解消してください。

 

新宿・歌舞伎町のガールズバーに立ち入っていたのは 福島県警の警部だった

 IMGP7722

IMGP7710

 (お断り 写真は東京 警視庁 新宿警察署 歌舞伎町交番の様子で 本件の記事とは無関係です。)

NHKニュース|NHK NEWS WEB

逮捕の警部を釈放任意で捜査へ

0818日 1904

会津若松警察署の警部が、東京・新宿の繁華街で飲食店の会計をめぐってトラブルになり、男性2人を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されました。
18日夕方、釈放され、警視庁は任意で捜査することにしています。

福島県の会津若松警察署地域交通課の課長代理の高橋幸一郎警部(43)は、今月15日の深夜、東京・新宿区歌舞伎町の飲食店で、会計をめぐってトラブルになり、この店の従業員が呼んだ男性2人を近くの路上で殴ったなどとして18日までに暴行の疑いで警視庁に逮捕されました。
高橋警部は、休暇で歌舞伎町を訪れて1人でガールズバーで飲食し、会計の際に6万円を請求されましたが、所持金が2万円しかなく口論になったということです。
東京地方検察庁が身柄の勾留を求めましたが、裁判所は認めず、18日夕方、釈放されました。
警視庁の調べに対し「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているということで、警視庁は任意で捜査することにしています。
福島県警察本部の菊澤信夫警務部長は「誠に遺憾で県民の皆様に深くお詫び申し上げる。事実関係を調査のうえ、厳正に対処する方針だ」とするコメントを出しました。