「連続あおり運転」を放置した責任は警察にあり

 

 

近日の報道で「茨城・静岡・愛知」と広範囲な高速道路で「凶悪な暴行・傷害」を伴う「あおり運転」が繰り返され 多くの自動車運転者が 恐ろしい思いを受けていたようだ。

 

なぜ これほど悪質な犯人が放置されていたのだろうか・・・

 

答えは簡単。

「あおり運転の取締りを強化する」と報道させているものの 所詮は「他人事」と高をくくっている警察の怠慢が原因だ。

 

警察は 「N―システム」という(公然の)秘密兵器を持っている。

まだまだドライバーの中には「速度取締りのオービスだ」などと のんきなことを言っている方が多い現状ですが 実はこの「N―システム」=自動車ナンバー読み取り装置(別名「自動車捜査支援システム」)=と呼ばれ 公道のいたる所に 税金・公費で 設置しまくられている。

 

N―システム」の電波が怖くて自動車の運転ができない状態になっている。

 露骨な 自動車監視カメラ

本件のような あおり運転の悪質ドライバーに関する情報が警察に届けば 即座にこの「N―システム」から 通過自動車のデータを取り出して 警察無線で全警察車両に一斉に拡散できる。

 

そればかりか 手配車両のデータは その後「N―システム」で 追跡できるシステムになっている。その後の通過地点が手に取るようにわかるシステムだ。

 N-システム 1

だから 犯人車両の捕獲は簡単なのである。

 

しかし 今回の広範囲に及ぶ悪質脅迫事件(連続あおり運転)は放置されたようだ。

 高速道路を監視する N―システム

細密機械、監視システムを 自由自在に活用できる警察にとって 今回の事件放置は 「怠慢」の一言に尽きる。

 

1人の被害者を救済するより 一件の反則切符が欲しい 「ノルマ警察」は こういう 被害者を救済してくれない。

 

これが 現下の 日本警察の実態だ。

 

警察官個々の精神の「正常化」が必要だ。

 

<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>