平成最後の 「公務執行妨害罪の捏造」未遂事件か?

 

 

交通マナーを注意されて「公務執行妨害罪」だと脅迫する 無能・無謀な警察官

駆け付けた上司が謝罪して何とか収まったが 無謀・無能な警察官が「公務執行妨害罪」だと言って現行犯逮捕したら 逮捕を維持・正当化するのが警察組織
危険な警察官には「知能で対応」が望まれる。

この記事は 警正協へ寄せられた「一般会社員からの情報」を元に記載しています

 

概要

警察官が 歩行者用信号交差点を自転車に乗車して通過

一般人である会社員から注意を受けると 無視して立ち去りを図る

それでも強く抗議されると 逆切れ・激怒

自転車での通行が可能だと言い張る

身分証明の「警察手帳」を見せない

それでも引き下がらない「一般人である会社員」に「公務執行妨害だ」と捏造・脅迫

自己の乱暴な行為を正当化する為に 仲間の警察官多数に応援要請

応援要請を受けて 駆け付けた上司の女性警察官は 「謝罪」

 

捏造・冤罪の「公務執行妨害罪」で身柄拘束という危険な状態を何とか打開

 

考察

「自転車歩道通行可」の標識があれば 確かに「歩道通行可」だが 歩行者の妨害をしてはいけない

全国の警察は このように横暴だ。相当注意した行動をとらないと 「現行犯人逮捕」される。

一旦 逮捕行為に出ると 事実が虚偽でも 警察組織は逮捕を維持・正当化するから気を付けたい

「公務執行妨害罪」を捏造された冤罪被害者は 多数存在している

 

一方 隣国・韓国の金浦空港では 日本の厚生労働省課長である幹部職員が(飲酒状態?で)航空会社の職員に暴行。身柄拘束を受けたとのニュースが渦巻いている・・・

どうなっているのだ この日本・・・

この実態が 安倍が言う「美しい国 日本」だ・・・

 

詳報

2019年(平成31年)3月17日() 午後0時45分ごろからの事件

場所は日本国・東京都「警視庁管内」神田神保町の専修大学キャンパスの近く

悪徳警察官は 警視庁・神田警察署? 高橋豊尚(「たかはし とよなが」と読むようだ)という階級は「巡査部長?」

胸に付けている警察官個人を識別する「識別番号は MC145?」だとか

 

前途のように 当該警察官が 歩行者用信号交差点を自転車に乗車して通過

一般人である会社員から注意を受けると 無視して立ち去りを図った

それでも強く抗議されると 逆切れして激怒 会社員の胸を押し退けて「暴行」

釈明は「自転車での通行が可能だ」と言い張る

 

当時者の会社員から身分証明「警察手帳」の呈示を求められるも これを見せない

50メートルの離れた場所の 円形の青色標識「自転車歩道通行可」を指して「あの標識があるから自転車のまま通行しても良い」と説明(ここがアウトだ 自転車通行可でも「歩行者の妨害をしてはいけない」というのが通説だ)

 

それでも引き下がらない「一般人である会社員」に身体を当てて来てよろめいた素振りをつくり「公務執行妨害だ」と捏造・脅迫

自己の乱暴な行為を正当化する為に 仲間の警察官多数に応援要請

 

応援要請を受けて 駆け付けた上司の女性警察官は「謝罪」 

この女性警察官に対して 「悪徳警察官の指導を要請」

その場を終了した

 

結論

警正協への情報提供のこの「一般人である会社員」

相当高度の「法律解釈」をお持ちのようで 捏造・冤罪の「公務執行妨害罪」で身柄拘束(現行犯逮捕)を避けられたが このような乱暴な警察官の行為が 今も どこかで起こっている

平成が終わる 無謀な警察も終わってもらいたい

 

警察官と関わると 「ろく」なことが無いから 遠回りしてでも 警察官を避ける

これが得策だろうが 悪徳警察官を 放置する訳にはいかない

私・警察正常化協議会代表の大河原宗平も同感

 

悪徳警察官狩りは継続しなければならない・・・のか??


(お断り 本記事と添付写真は関係ありませんが 「無謀な警察」という点は共通しています。)
群馬県高崎警察署 片岡交番の須永一優すながかずまさ巡査