馬鹿な警察官のおかげで 善良な国民が大変な迷惑を受ける事件が起こっています

 


警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  128


我が国では

 

 アジア初のラグビーワールドカップが2019年に開催されることを記念して、   国土交通省が、平成29年4月3日から 自動車の運行ナンバーの「特別仕様ナンバープレート」を交付している。(添付の「国土交通省ホームページ・広報」のとおりだ。)


http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000068.html


特記すべきは簡単に言うと

   「ナンバープレートに絵柄がプリントされている点」、

   「普通車の営業ナンバーの緑地が 白地に緑枠になっている点」、

   「軽自動車ナンバーの黄色地が白地になっている点」

だろうか?

 

そこで特に大きな問題が生じているのが ③で特記した軽自動車の場合だ。

軽自動車には後ろのナンバーに封印がない。

 

そこで 馬鹿なお廻り(お馬鹿な警察官)は、

「軽自動車なのに(後部ナンバー)に(普通自動車ナンバーの)

白地ナンバーを付けていて 封印もないから「盗難車だ」

と勝手に決めつけて 善良な市民に 高圧的な停止を求め 職務質問をしている事件が 多発している模様だ。

 

こんなお馬鹿な警察官が 国民の税金で雇われていると思うと 情けなくなる。

 

本年(平成29・2017年)8月12日は 群馬県の山中には日航ジャンボ機が墜落してから32年目を迎えた。

 

昭和60年8月12日、日航機の行方不明が発覚した当時の群馬県警察官は「(大事件が発生しているから)家に帰れなくなるから帰るべ~」といって 大事件を無視して職務を放棄して帰ってしまった警察官が3人いる。松本・清水・福田の3人だ。この3人は、今・何処で・何をしている のだろうか?

 

警察組織とは こんな お馬鹿な組織なのです。