お手柄警官「表彰受賞」おめでとうございます。


 警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  125

和歌山県警本部長から「本部長即賞」を受賞した面々は 和歌山県警海南警察署 地域課・自動車警ら係所属の 井川恵一警部補、山崎康弘巡査部長、川口真輝巡査長、山下隆太巡査の4人だそうだ。

 

その「お手柄内容」とは、和歌山県海南市日方で(H29年)6月25日午前3時50分ごろ発生した強盗事件で、大阪府内まで追跡して犯人を逮捕したことのようだ。

 

当たり前の仕事をしただけなのに、警察内部にはこのような「表彰制度」があります。

では 犯人を捕まえられなかった「お粗末」では「懲戒処分」が行われているのだろうか?

そんなことはない。捕まえられないのが普通だから。()



副署長の 柳本育男氏は「無事故で検挙でき良かった」と胸を張ったようだ。

 警部補以下の職員の氏名は公開してはいけないことになっているのに・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000022-mai-soci