妹尾 果凛(せお かりん)さんは 誰からこんな教育を受けたのだろうか?

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  85

平成28年5月22日(日)付けの 東京新聞 27面・地域の情報 の 記事にこんな記事が紹介されていました。

 

わたしの夢 「検事」

   ★埼玉県吉川市 小学4年・妹尾果凛(せお かりん)さん★

 

<記事引用>

私の夢は、たくさんあります。

その中で私が好きな夢は、検事です。

検事はけいさつとちがい、つかまった人が本当のはん人なのかを、きそとふきそできめます。

きそは、本当のはん人で、ふきそははん人ではないということです。

なぜ私が好きな夢なのか。

なぜなら、こまっている人や悲しい人、苦しい人などを守ってくれているからです。

私はそんな検事が好きで、自分の頭の中でえらびました。

私が2番目に好きなのは、びょういんのしんさつの人です。

なぜなら、私はむねの手じゅつをしました。

なので、こわがっている人がいたら、はげましたいです。

私は守る人が夢。

<記事引用終わり>

という投稿です。読み易く漢字化すれば 以下の文になると思います。

 

私の夢は、沢山あります。

その中で私が好きな夢は、検事です。

検事は警察と違い、捕まった人が本当の犯人なのかを、起訴と不起訴で決めます。 

起訴は、本当の犯人で、不起訴は犯人ではないということです。

なぜ私が好きな夢なのか。

なぜなら、困っている人や悲しい人、苦しい人などを守ってくれているからです。

私はそんな検事が好きで、自分の頭の中で選びました。

私が2番目に好きなのは、病院の診察の人です。

なぜなら、私は胸の手術をしました。

なので、怖がっている人がいたら、励ましたいです。

私は守る人が夢。

 

という感じになるのでしょうか。

 

こういう小学生に「検事が警察と違い、捕まった人が本当の犯人なのかを、起訴と不起訴で決める。」とか「起訴は、本当の犯人で、不起訴は犯人ではない。」なんということを誰が教えるのだろうか?

 

検事は、警察が捕まえた人を、そのまま裁判所に「勾留請求」し、「無実の人を10日、更に重ねて10日と20日間も牢屋に閉じ込める」職務です。

 

無実の人が20日間も牢屋に閉じ込められたら「職場や家族にどう説明すればいいのでしょうか?」。

この人の人生はこれで「終わり」です。

 

警察が捕まえた人を、そのまま犯人だと決めつけて牢屋に閉じ込めて「お前が犯人だ」と押し付けの取り調べをするのが「検事」です。

 

「不起訴が犯人ではない」などという考え方は、全くの間違いだ。

 

検事は「不起訴になった人に不起訴の理由を全く説明しません。」

大ウソつき(大噓つき)が「検事」です。

 

添付の写真を良く見ていただきたい。「不起訴」と書いてあるだけです。

 検事の不起訴処分通知書

こんな汚ったない職業人「検事」になりたいなんていう教育を誰から受けるのだろうか?

溜息が止まらない・・・ア~ア

 

日本の教育は 間違っている・・・