告訴状は 内容証明郵便で 検事総長あてに 送付

「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  72-1



その内容は

告訴状
 
平成28年3月17日

受取人
東京都千代田区霞が関一丁目1番1号
検事総長 殿

差出人(告訴人)
群馬県高崎市▼▼町■ー●●●●ー▲
      ●●●▲▲▲●●●号
       大河原 宗平
      連絡先(携帯)
      090-4725-9006

これは刑事訴訟法第230条に基づく告訴状です。
犯罪の被害者として告訴するので被告訴人の厳重処罰を求めます。

被告訴人の表示
杉原正純

罪名の表示
詐欺罪、同未遂罪(刑法第246条第1項、同法第250条)

告訴事実の表示
被告訴人は、地方公務員災害補償基金(以下「基金」という)の代表者たる理事長として、遅くとも平成21年7月23日まで、前橋地方裁判所民事部において、告訴人大河原宗平を相手方として、金銭の支払いを求める民事訴訟を提起していた。
その請求の趣旨は、7,240円及びこれに対する平成16年2月16日から支払い済みまでの年五分の割合による利息に相当する金員の支払いを要求するというものである。
被告訴人は、群馬県職員である伊藤考順が勤務中に暴行を受けて負傷したとする虚偽の事実に基づき、前記の額の金銭を訴訟手続きに仮託して搾取しようと企てた。
なお基金は、地方公務員災害補償法第3条に基づいて設立された法人であって、その本部所在地は東京都千代田区平河町二丁目16番1号平河町森タワー8階である。
前記民事訴訟手続きは、前橋地方裁判所平成17年(ワ)第30号損害賠償請求反訴事件である。
以上