ここにも こんな記事が

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  57

<鹿児島強姦事件>「敗北」県警と福岡高検 内部から批判も

毎日新聞 1月27日(水)1時17分配信



 ◇岩元さん、無罪が確定

 検察に信義則違反、警察に証拠隠しの可能性を突き付けた判決が確定した。鹿児島市で女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた元飲食店従業員の 岩元健悟(けんご)さん(23)の裁判で検察が26日、上告断念を表明した。逆転無罪を言い渡した福岡高裁宮崎支部の判決(12日)は鹿児島県警と福岡高 検によるDNA型鑑定を厳しく指摘した。双方の幹部は「敗北」してもなお誤りを認めないが、内部からも批判の声が上がる。

 「控訴審での検察側の鑑定の必要性も相当性も認められなかった」。福岡高検の保坂直樹刑事部長は26日、上告断念を発表した後、苦渋の表情をみせた。

 控訴審で検察側は裁判所や弁護側に無断でDNA型鑑定を実施した。控訴審判決はこの点を問題視し「秘密裏に鑑定を行い、有利な方向に働く場合に限って証 拠請求を行う意図があったとうかがわれ信義則違反だ」と批判。これに対し、保坂刑事部長は「検察官は立証責任があり、訴訟の進行状況に応じて補充捜査が必 要になる」と繰り返し、誤りを認めなかった。

 しかし、検察内部では、疑問視する声も多い。ある検察首脳は「自分なら鑑定の実施を裁判所や弁護士に事前に伝える。(法律上は補充捜査が許されているの で)違法ではないが不適切だ」と語った。別の幹部も「県警の鑑定を過大評価し、油断があったのではないか。教訓にすべき点はある」と分析した。

 識者からは第三者による検証を求める声もあるが、保坂刑事部長は「考えていない」と厳しい口調で答えた。

 また、控訴審判決は、県警の鑑定についても鑑定経過を記したメモや使用したDNA溶液を廃棄していたことから「証拠隠し」の可能性に言及した。

 実際には岩元さん以外の型が検出されたのに、その鑑定結果を隠したのではないか、という指摘だ。本当なら冤罪(えんざい)を招いた2003年の鹿児島県議選を巡る公職選挙法違反事件(志布志=しぶし=事件)に続く失態だ。

 鹿児島県警幹部は26日夜、取材に対し「適正に行われた」と証拠隠しを否定。ただ、メモなどを捨てた鑑定手続きのあり方を変える可能性には言及し、「検 証も検討する」と含みを持たせた。九州地方のある警察幹部は「判決の指摘はもっともだ。鑑定は捜査に大きな威力を発揮するだけに、手続きに少しの疑いも残 らないようにしなければならない」と話した。【志村一也、鈴木一生】