鹿児島(天文館)強姦事件 やはり 冤罪だった(2016年・平成28年1月26日・火 19:20追記)

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RACGvHQqdWqTYAYzyJBtF7/RV=1/RE=1453888583/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=4FvKUKMtnQhO9lUq9eP1Qe6ae90-/RU=aHR0cDovL25ld3MueWFob28uY28uanAvcGlja3VwLzYxODg5OTk-/RS=%5EADAfvt_.Z_dt_4ftWUOR_J6qMvfb5Y-

  


鹿児島の強姦事件、無罪確定へ 福岡高検が上告断念

朝日新聞デジタル 1月26日(火)15時41分配信

 鹿児島市で2012年、女性に性的暴行を加えたとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性(23)に対し、懲役4年とした一審判決を破棄して無罪を言い渡した福岡高裁宮崎支部判決について、福岡高検は26日、上告しないことを明らかにした。男性の無罪が確定する。

 男性は鹿児島市の路上で12年10月、当時17歳の女性を強姦したとして逮捕・起訴されたが、一貫して無罪を主張していた。

 鹿児島県警は女性の体内から検出した精液を鑑定。「抽出されたDNAは微量で鑑定できない」としたが、14年2月の一審判決は、女性の胸から男性と一致するDNA型が検出されたことなどから、男性に暴行されたとする女性の証言は信用できると結論づけた。

 しかし控訴審では、高裁支部が体液を再鑑定した結果、検出された精子のDNAは男性以外のものと判明。同支部は女性の証言について「虚偽を述べていたとしか考えられない」と信用性を否定し、「本件を強姦とみるには不自然」として今月12日、男性に無罪を言い渡した。判決は県警のDNA型鑑定の手法や、審理中に裁判所に通知せず独自に鑑定した検察の姿勢についても厳しく批判した。

朝日新聞社(ここまで 2016年・平成28年1月26日・火 19:20追記)


鹿児島(天文館)強姦事件は冤罪だった  ??


2016年(平成28年)0113日付け 東京新聞29社会面



警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  50

 

 鹿児島・強姦冤罪事件報道

また 冤罪事件の発覚か?

2016年(平成28年)1月12日 福岡高等裁判所宮崎支部で出された 一審で有罪であった「強姦事件」の被告に対して逆転無罪判決が出されたとの話題がニュースをにぎわせた

 

どうも 鹿児島県警の捜査のねつ造を 「鹿児島県警化学捜査研究所」も追認して 「DNA鑑定」をねつ造若しくは「証拠を隠した」ようだ

 

私が目にした 翌日(1月13日)の東京新聞には次のように報道されている。

転記してみる。

≪以下、東京新聞記事転記≫

鹿児島・強姦事件 「県警の証拠隠し」言及 

福岡高裁支部 被告に逆転無罪

 

福岡高裁宮崎支部は12日、強姦罪に問われた鹿児島市内の男性被告(23)の控訴審判決で懲役4年とした一審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。高裁でDNA鑑定を実施した結果、被害を訴えた女性の体内から被告とは別人のDNA型が検出された。岡田信裁判長は鑑定の信用性を認定し「女性の証言は客観的な証拠と整合せず、信用できない」と判断した。

 

DNA鑑定で「別人」検出

DNA鑑定は鹿児島県警科学捜査研究所(科捜研)も実施したが「微量のため鑑定不能」としていた。判決理由で岡田裁判長は①鑑定経過を記録し、後の検証資料となるメモを破棄した②精子を確認しながら鑑定できないとは考えがたい-と疑問を呈した上で「技術が著しく稚拙か、別人のDNA型が出たため捜査官の意向を受けて鑑定不能とした可能性を否定できない」と述べ、捜査当局による「証拠隠し」の可能性に言及した。

 

さらに、検察側が高裁の鑑定後、別の専門家にDNA再鑑定を裁判所や弁護側に知らせず実施したことを厳しく批判。

 

「有利な結果が出た場合のみ明らかにする意図だったと疑われ、裁判の公平さを疑わせかねない。希少な試料か必要性も緊急性もないのに費消された」とした。

2014年の一審鹿児島地裁判決は「女性の胸に付着した唾液から被告のDNA型が検出された。精液の存在も、鑑定はできなかったものの、女性の証言を裏付ける」として有罪とした。

高裁判決は唾液について、被告と女性に何らかの接触があったことは認定した。

 

男性は、12年10月に鹿児島市の繁華街の路上で当時17歳の女性を暴行した、として起訴された。男性は「酔っていて覚えていない」と話し、弁護側は一審段階から無罪を主張していた。

高裁での鑑定後、昨年3月に保釈が認められた。

 

男性、涙「うれしい」

「家族の支えがあったから。うれしいの一言です」。逆転無罪を言い渡され、報道陣に囲まれた男性は目に涙を浮かべ、声を振り絞るように家族への感謝を繰り返した。

 

「被告人は無罪」。紺のスーツ姿の男性は、やや肩に力が入った様子で、裁判長に一礼した。

 

その後、証言台から席に戻り、裁判長が判決理由を読み上げるのを座ったまま聞いた。

「強姦事件が存在せず無罪であるのに」とのくだりには、肩を降るわせながらスーツの袖で涙をぬぐった。

隣に座っていた弁護団の一人が膝をポンポンとたたいて励ますと、男性はうなずいて応えた。

 

判決言い渡しは約1時間に及んだが、男性は目を赤くしたまま裁判長を見つめ続けた。

≪以上、東京新聞記事転記終了≫

 

この事件について、私は

 

FM西東京という ラジオ番組における「桜井昌司の言いたい放題! 人生って何だ!」平成27年11月5日第13放送 にお招きいただき この強姦事件における「DNA鑑定」についてインタビューを受けましたが その際 私の思い付きのままに「DNA鑑定の危険性」について お話していました。

http://syoujisakurai.seesaa.net/article/429154015.html

 

改めて この番組を「ポッドキャスト」で確認してみると 私は以下のように話しています

 

『被害者の 胸からDNAが出たという 鑑定ですね

 この 鑑定技術が 進めば進むほど こんな危険な鑑定はないんです

(桜井さん:弁護団は 唾液をでっち上げたんじゃないか と こういうことを言っているですけどね)

 

もう これは簡単です 

これは 鑑定資料が細かくなって 少ないもので鑑定できるようになれば 個人はいろんなところを移動します

 全部 自分の髪の毛が落ちます 唾液が飛びます

話をすれば 唾液が飛びます DNAは有って当然です

 

(桜井さん:そうですね)

 

ですから DNA鑑定の技術が 進めば進むほど 

この鑑定の信用性は より慎重にならなければ とても危険です

(桜井さん:なるほどね~)

 

このように私は話しましたが このブログの訪問者に この意味が分かり難いと思いますので カッコ内に補充説明を加えてみました。こちらもお読みください。

 

『被害者の 胸(の衣服)からDNA(資料)が出たという (この事件の)鑑定ですね

 

 この(唾液に基づくDNA鑑定は) 鑑定技術が 進めば進むほど こんな危険な(DNA)鑑定はないんです

 

(桜井さん:弁護団は 唾液をでっち上げたんじゃないか と こういうことを言っているですけどね)

 

もう これ(唾液を付着させるでっち上げは)簡単です 

 

これ(DNA鑑定)は 鑑定資料が細かくなって 少ないもので(も)鑑定(が)できるようになれば 個人はいろんなところを移動します 全部(移動したすべての場所に) 自分の髪の毛が落ちます 唾液が飛びます

 

話をすれば (相手方の着衣に鑑定資料である)唾液が飛びます

 DNAはあって当然です

 

(桜井さん:そうですね)

 

ですから DNA鑑定の技術が 進めば進むほど 

この鑑定の信用性は(裁判で 有罪の材料に採用するのに 裁判所は) より慎重にならなければ とても危険(判断を誤るの)です

 

(桜井さん:なるほどね~)

 

と申し上げたのです。

この判決について 検察が最高裁まで争ってくる可能性をまだ残していますが 裁判所は 警察の鑑定書を丸呑みで「有罪判決」する「裁判所の無能」を平素から指摘しています。「冤罪は裁判官の犯罪だ 勇気をもって無罪判決を出せ」と。


宣伝カー(2)

今回はここまでの記載とします。