警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  27

犯罪組織 「警察」の 「犯罪」 オンパレード


和歌山県警巡査長、盗撮容疑で逮捕

毎日放送 10月21日(水)11時41分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00000027-mbsnewsv-soci

 女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮しようとした疑いで、和歌山県警の巡査長が逮捕されました。

 県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、和歌山北警察署交通課の巡査長・阪口貴弘容疑者(28)です。

 警察によりますと、阪口容疑者は20日午後4時半ごろ、和歌山市内のパチンコ店で、20代の女性店員のスカートの中をスマートフォンで撮影しようとした疑いが持たれています。

 不審に思った別の店員が店の関係者を通じて通報したということです。

 阪口容疑者のスマホには盗撮した動画が残っていて、「下着を見たくて動画を撮影しました」と容疑を認めているということです。

毎日放送

北海道警警部補、暴力団関係者に

    捜査情報漏らした疑い

http://www.asahi.com/articles/ASHBP5JDBHBPIIPE02M.html
2015年10月21日23時16分

 暴力団関係者に捜査情報を漏らしたとして、北海道警は21日、札幌中央署の50代の男性警部補を地方公務員法違反の疑いで書類送検し、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。警部補はほかにも、暴力団関係者と物品を贈り合ったり、元警察官からの暴力団登録情報の照会に応じたりしていたという。

 監察官室によると、警部補は2014年11月28日~12月2日、暴力団幹部らを詐欺容疑で捜査していることや逮捕予定日を暴力団関係者2人に漏らした疑いがある。警部補は「他の事件の情報を提供してもらえると考えた」と話しているという。暴力団幹部らは予定通り逮捕され、監察官室は「捜査への大きな問題はなかった」としている。

 また警部補は08~14年に約10回、暴力団関係者にワインや米などを贈り、カニやホタテを受け取った。14年5~12月に16回にわたり、上司や同僚だった元警察官5人から依頼を受け、暴力団登録情報の照会結果を回答したという。