警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  16

何とも不可解な 捜査
警察官による凶悪事件が 続く昨今 警察の イメージダウンを少しでも 軽減したいと考えるのは 当然と言えば当然だ

犯罪を捜査するべく警察が 犯罪組織と言われるようになっている この日本の警察

そのような 現状で 依然として 多発する 警察の不祥事

そこで 今回のような 「大阪府警の 現職警察官による 集団強姦事件」・・・

事件が 「強姦」という 卑劣な事件では ありますが こういう事件こそ 事を大きくせずに終わりにするのは 簡単です

その手法は 被害者女性に対して 「裁判になると 公開の法廷で あなたの名前が明らかにされてしまう  犯された一部始終も同様に公開される あなたの将来がなくなってしまう 相手は懲戒免職で社会的制裁は受けさせる 保証金はたくさん支払います この際この事件は示談にして 事件を取り下げてもらえないか?」 と持ちかける

その結果 「示談が成立 被害者が被害届を取り下げた だから 不起訴」という展開が 無くはないのです

私も 被害者の名誉を 保護したいと思います  

しかし 事件があったこと 検察が不透明な終息をさせたこと は下記のブログをお借りして残したいと思います

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8164.html

何とこの事件をめぐっては 「警察学校」ならぬ 「輪姦学校」と呼ばれているのだそうで 笑っちゃいますね