警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2019年09月

「全く機能しない 群馬県公安委員会」について

「全く機能しない 群馬県公安委員会」について

 

群馬県公安委員は「全く機能していない」と強く申し上げたい。

 

群馬県公安委員会の委員長と2名の委員に「公開質問書」を出したのは8月26日。回答期限は9月10日だった。予想通り返事をしてこない。

 

群馬県公安委員は「機能していない」と強く申し上げたい。

 

そんな9月10日の朝 車中のラジオ放送で「憲法学者・首都大学東京教授:木村太先生」がラジオに出ていた。三宅民夫の真剣勝負「学校のいじめ問題 大人が傍観者になるな」という番組だった。

 

木村太さんは 学校のいじめ問題について 公立学校の校長や教師には指導の限界がある。 「いじめ問題」について 生徒や校長・教師に責任を求めるのは限界がある。いじめの防止には大人たちが持っている能力と権限に違いがある。出席停止の強制力を持っているのは教育委員会だ。この「教育委員会がほとんど機能していない」と言い切っていた。

 

ここでは 教育問題やいじめ問題を書こうとしているのではないので この話はこれくらいにしますが これと全く同じで 「機能していない」といいたいのが 群馬県の公安委員会だ。

公開されている群馬県の公安委員プロフィール
 

インターネットで「群馬県公安委員」と検索すると群馬県警のHP内からの情報だと思われますが写真のとおり

 

群馬県公安委員会委員長・委員のプロフィール

と大々的に出てくる。何が書いてあるか?

 

区 分  委員長 

氏 名  金子 正元  かねこ まさもと

任 期  H30.7.1 ~ R2.9.20

略歴等  株式会社キンセイ産業 代表取締役社長

 

 

区 分  委員 

氏 名  石田 弘義  いしだ ひろよし

任 期  H30.7.1 ~ R3.6.30

略歴等  弁護士

 

 

区 分  委員 

氏 名  宇敷  正  うしき ただし

任 期  H28.12.3 ~ R元.12.2

略歴等  宇敷木材工業株式会社代表 取締役会長

 

と委員長と2名の委員の3名が公表されている。

 

さて いわれなき 「冤罪でっち上げ交通違反」を覆いかぶせられた 私・大河原宗平は バカな現場警察官(写真添付の 高崎警察署の巡査さん工藤弘也と矢嶋洋明巡査部長」)から事後の証拠となるべき 通称「青切符」と呼ばれている反則切符と反則金の「納付書」は受領している。正式表示は「交通反則告知書・免許証保管証」 「納付書・領収書となっています。

 吠える いつになっても巡査の工藤弘也さん 

しかし 反則金も支払っていないし請求も来ていない。

検察庁の取調べも受けていないし 裁判所の有罪判決も受けていない。

 矢嶋洋明・やじま ひろあき 巡査部長

なのに 運転免許証を管理する「群馬県公安委員会」だけが 違反を認定し 私の免許に違反点数1点を課した。

 

いわれなき 「冤罪でっち上げ交通違反」の出来事は H28年10月26日。

だが 本年(R1年)10月10日に運転免許証の有効期限が迫っている。

去る8月13日高崎の交通センターへ運転免許の更新に出かけた。ここでも「交通違反がある」と認定されている。

 

話にならないから 「優秀な群馬県公安委員各位3名に 公開質問書の送付」を思いつき この日は運転免許の更新はしなかった。

 

そこで 上記群馬県公安委委員長と2名の公安委員の合わせて3名に公開質問書を届けた。

 

レターパックの検索システムで各委員には 

8月26日の11:27~12:35までに配送済み

の確認が取れている。

 

しかし 誰一人として 指定期日までに回答してこない。

これが 「機能しない群馬県公安委員」の実態であります。

 

お約束通り このブログに「回答が届いていないこと」を公表しる次第であります。

 

そんな 回答期限であった9月10日に たまたま聞いたラジオ放送で やはり「委員会」である 「教育員会が ほとんど機能していない」と指摘されていたのである。何とも偶然の一致だった。

 

「委員会」と銘打つ機関を調べてみれば面白い。

 

国家公安委員会

都道府県公安委員会

監査委員会

公平委員会

教育委員会

選挙管理委員会

農業委員会

 

等々 色々出てくる。

 

誰がなっているのか。

ここが問題だ。

 

行政機関の手のひらに載せられ 操られているのが「委員会」の実態だからだ。

 

群馬県公安委員会は 私の運転免許に課せられた違反点数は何としても 外さないだろうが 機能しない群馬県公安委員を実名で公表しておくことで 各公安委員に対しては 猛省を促したい。一人でも心ある委員がいたなら 今からでも回答をしてみてはいかがなものだろうか。

 

なお この関連の事前公開状況は 

群馬県公安委員長 金子正元 様に対する調査方お願い(公開質問書)

http://keiseikyo.blog.jp/archives/80795548.html 

 

群馬県公安委員 石田弘義 様に対する調査方お願い(公開質問書)

http://keiseikyo.blog.jp/archives/80795525.html

 

群馬県公安委員 宇敷 正 様に対する調査方お願い(公開質問書)

http://keiseikyo.blog.jp/archives/80795509.html
 

をそれぞれ参考にしてください。

パトカーの交通違反摘発が 続発だ

パトカーの交通違反摘発が 続発だ

 

パトカーで駐車違反していたのは 大分県警 臼杵津久見署 の警察官だった

 

「道交法などでは、路側帯に駐車する場合、歩行者のために車の左側に0・75メートル以上の幅を空けるように規定されているが、巡査部長はそのスペースを確保していなかったという。」

 

ドライバーの皆さんも この規定をよく覚えておいてください。

道路いっぱい 左に寄せたから 「駐車違反ではない」と思うのは間違いです。

また 「駐車違反の標識がないから駐車違反ではない」と思ってもいけません。
道路交通法(44条・45条)で るる 列記されていますから 一度読んでみてください。

 

読売新聞の「オンライン」記事によれば 以下のとおりです。 

 

パトカー違法駐車、小中学生への交通安全指導でイベント参加

9/8() 23:21配信

読売新聞オンライン

 公務で自治会のイベントに参加した大分県警臼杵津久見署地域課の50歳代の男性巡査部長がパトカーを違法駐車したとして、交通反則切符を切られていたことがわかった。同署は巡査部長を厳重注意した。

 同署によると、巡査部長は6月中旬、臼杵市の自治会が実施した田植えの行事で小中学生に交通安全などを教えるため、パトカーで現地に向かった。行事が終わるまで市道の路側帯に2~3時間、違法に駐車した。

 道交法などでは、路側帯に駐車する場合、歩行者のために車の左側に0・75メートル以上の幅を空けるように規定されているが、巡査部長はそのスペースを確保していなかったという。

 後日、目撃者から署に問い合わせがあり、発覚した。巡査部長は「車が通れるように左側に詰めて駐車した。違反の認識はなかった」と話したという。反則金はすでに納付されている。

 同署の田中敬一郎副署長は「法令順守を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

写真のパトカーは 横断歩行者妨害をしても 無視して逃げ去った群馬県警のパトカーです。
交通違反をした警察官

加計学園問題は まだ裁判で続いている


皆で 東京地裁へ 裁判傍聴に 出かけましょう

https://search.yahoo.co.jp/video/search;_ylt=A2RCCzKDvHNd3EEAJAmHrPN7?p=%E5%9B%BD%E6%B0%91%E4%B8%BB%E6%A8%A9%E3%81%AB%E5%8F%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AF%E6%8E%92%E9%99%A4%E3%80%80%E5%8A%A0%E8%A8%88%E3%80%80%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%9C%AD%E5%AD%90&aq=-1&oq=&ei=UTF-8
 

 

加計学園問題 行政文書公開(開示)等請求裁判

 

加計学園問題は まだ裁判で続いている

次回裁判期日 令和元年10月16日午後2時~

       東京地方裁判所 第522号法廷(5階)

 

行政文書不開示決定処分取消等請求事件

東京地方裁判所

平成30年(行ウ)第410号

原告 福田圭子

被告 国

裁判長 古田孝夫

裁判官 髙田公輝

裁判官 中野晴幸

書記官 山口 勝

パトカーを運転中に 通行禁止違反で捕まったのは 山形県警 山形警察署の警察官だった

パトカーを運転中に 通行禁止違反で捕まったのは 山形県警 山形警察署の警察官だった

 

パトカーを運転した警察官が 交通違反で交通切符を切られたそうです。

 

映像証拠は 大きな力になりますね。

動かぬ警察をも動かせる。

パトカーを運転する警察官の交通違反も証明できる。

パトカーを運転する警察官がいなくなるかも。

 <警察正常化協議会>
パトカーで隠れる取締り
(お断り:写真は 群馬県高崎市で 一時停止違反を 隠れ取締りしていた パトカーです。記事とは無関係)

09年9月3日の 「HNK山形 NEWS WEB によれば

一方通行道路を逆走したパトカーを運転していた警察官が検挙された とのことです

詳細には 09年8月27日午後8時ごろ 山形県警 山形警察署のパトカーが 山形市内で一方通行の道路を逆走していた として運転していた制服警察官が捕まったそうです。

運転していたのは 白黒のパトカーで 山形市内の一方通行道路を逆走した道路交通法違反が証明されてしまったようです。
勿論 パトカーには 2人の署員乗っていたようですが それでも交通違反をしてしまったということのようです。

「方向転換しようとしていた。一方通行の認識はなかった。」と弁明したようですが 動画からは 方向返還の様子など全くうかがえない。


山形警察署の幹部だと思いますが「署員が検挙されたのは誠に遺憾。教育を徹底し、再発防止に取り組んでいきたい」と弁解したようですが その後 この警察官の運転免許から点数を引いたか(本当は「付加する」と点数をつけるのですが) 

現実に自費で反則金を払ったのか真意は分からない。 

ここで「一方通行を逆走」と表現されていますが 警察が実際に切符を切ると「通行禁止違反」となります。「一方通行道路」に入る前に 必ず「右折できない」とか「左折できない」とか 稀に「直進できない」の標識が付いているのが一般的ですので 一方通行路を走る前に この「右・左折禁止違反。稀には「直進禁止」」違反をしているから そう処理しています。

「警察官になって白バイを運転したい。 パトカーを運転してみたい。 覆面パトカーも運転したい」などの 「夢」は 谷底に降ろされてしまうのが ドラレコ(ドライブレコーダー)の威力ですね。

警察に切符を切られるばかりではなく 逆取締りをしてあげましょう。

だが 柔らかく対応しないと 「でっち上げ公・防」で逮捕されますから 要注意です。

ドライブレコーダーの映像を マスコミに持ち込むのがいいでしょうね~

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • あおり運転を 警察があおっていることになるぞ~~
  • 2020年(令和2年)7月定例会休会のお知らせ
  • 不適切な飲酒検知で運転免許証の取り消しをしてはいけない という判決
  • 2020年(令和2年)6月定例会も休会します
  • 信号無視違反金9000円と人の命を引き換えにさせてはならない
  • 2020年(令和2年)5月定例会休会のお知らせ
  • 広島中央警察署から 「消えた8572万円事件」 容疑者不起訴処分結末の仕返し放映か?
  • 勇気のある警察官が出てきた(埼玉県警の巡査)
  • 腐った警察を変える力になるだろう。決して退職してはならない。
カテゴリー
  • ライブドアブログ