警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2019年02月

高崎警察署 交通課取締係の自称「小笠原しゅんすけ警部補」さん

高崎警察署 交通課取締係の自称「小笠原しゅんすけ警部補」さん

 

 

群馬県高崎市吉井町馬庭 地内に 高崎警察署が 速度取締りの「ドル箱」にしている路線がある。

 

そこは以前 「警正協 YouTube」で紹介し 視聴率がフィーバー中の 「意味の無い無駄な交通違反取締りを根絶させましょう 警正協通信vol  11」の場所である。

 
https://www.youtube.com/watch?v=3L4YPYb81wk

私・大河原宗平が この場所を「意味の無い無駄な交通違反取締りを根絶させましょう」と 「警正協 YouTube」でお知らせしたところ 高崎警察署も 速度違反の取締りを自粛していたようだが この程 またこの場所での 取締りを 再開したようだ。

 

この場所は 写真で紹介しているとおり 「横断歩道・自転車横断帯」がある 信号機のない 十字路交差点となっている。

 

高崎警察署の交通課員には 「恥を知る」という気概が全くないのだろうか ご覧のとおり 路面にかかれた 「横断歩道・自転車横断帯」は 全く消えている。 ここに 「横断歩道・自転車横断帯」があることは 左上の 道路標識で明らかだ。
高崎警察は歩行者保護などどこ吹く風だ

高崎警察署は 歩行者保護など どこ吹く風だ。

 

速度違反取締りに来る 高崎警察署の交通課員は 「横断歩道・自転車横断帯」のペイントが消えていることなど 全く無関心で 平気で この場所で 速度違反取締を展開している。

 

高崎警察署の交通課取締係の自称「小笠原しゅんすけ警部補」さんに この現場で 「消えた ペイントを書き直してもらいたい」とお願いしてある。 

 
高崎警察署の小笠原しゅんすけ警部補さん


いつになったら路面標示のペイントが書き直してもらえるのだろうか?  

<追記 20191103

やっと この交差点だけペイントした

やっと横断歩道を描いた。私・大河原宗平が指摘してから何と8カ月もかかった。

だが 間抜けだ。私・大河原宗平が指摘したこの交差点だけしか描かない。

隣の横断歩道はお構いなし 杜撰だ
同じ路線には何本もの横断歩道がある。そこはお構いなしだ。杜撰な交通対策だと指摘する反面 「警察正常化協議会からの指摘を 強く意識していることが証明できてた」ということだ。

 

私・大河原宗平がこの記事を描いたのは 確か20190220日だと記録されている。 現場で小笠原しゅんすけさんに「横断歩道を描いてよ」とお願いしたのは20190208日だ。

写真のように きれいに横断歩道がペイントされたのは 201910月中旬だ。

20191008日ここを通ったときはまだ描いてなかった。
予算が付かないとペイント業者に仕事を発注(依頼)できないという事情はあるだろうが それは言い逃れだ。理由にならない。 報道が大きく取り上げるような「死亡事故などの重大事故が発生」すると 直ぐに対策が執られる。

 

「大河原に指摘されたから 直ぐには描かないで ちょっと間を置こう」と勘繰ったのかもしれない・・・




 

高崎警察署は 歩行者保護など どこ吹く風だ

高崎警察署は 歩行者保護など どこ吹く風だ

 

群馬県高崎市吉井町馬庭 地内に 高崎警察署が 速度取締りの「ドル箱」にしている路線がある。

 

そこは以前 「警正協 YouTube」で紹介し 視聴率がフィーバー中の 「意味の無い無駄な交通違反取締りを根絶させましょう 警正協通信vol  11」の場所である。

 https://www.youtube.com/watch?v=3L4YPYb81wk

私・大河原宗平が この場所を「意味の無い無駄な交通違反取締りを根絶させましょう」と 「警正協 YouTube」でお知らせしたところ 高崎警察署も 速度違反の取締りを自粛していたようだが この程 またこの場所での 取締りを 再開したようだ。

 

この場所は 写真で紹介しているとおり 「横断歩道・自転車横断帯」がある 信号機のない 十字路交差点となっている。

高崎警察は歩行者保護などどこ吹く風だ
 

高崎警察署の交通課員には 「恥を知る」という気概が全くないのだろうか ご覧のとおり 路面にかかれた 「横断歩道・自転車横断帯」は 全く消えている。 ここに 「横断歩道・自転車横断帯」があることは 左上の 道路標識で明らかだ。

 

速度違反取締りに来る 高崎警察署の交通課員は 「横断歩道・自転車横断帯」のペイントが消えていることなど 全く無関心で 平気で この場所で 速度違反取締を展開している。

 

高崎警察署の交通課取締係の自称「小笠原しゅんすけ警部補」さんに この現場で 「消えた ペイントを書き直してもらいたい」とお願いしてある。 

 高崎警察署交通課の自称 小笠原しゅんすけ警部補

いつになったら路面標示のペイントが書き直してもらえるのだろうか? 

写真は 高崎警察署の交通課取締係の自称「小笠原しゅんすけ警部補」さんです。

高崎警察署の小笠原しゅんすけ警部補さん

<追記 20191103

やっと横断歩道を描いた。私・大河原宗平が指摘してから何と8カ月もかかった。

だが 間抜けだ。私・大河原宗平が指摘したこの交差点だけしか描かない。


やっと この交差点だけペイントした

同じ路線には何本もの横断歩道がある。そこはお構いなしだ。杜撰な交通対策だと指摘する反面 「警察正常化協議会からの指摘を 強く意識していることが証明できてた」ということだ。

 隣の横断歩道はお構いなし 杜撰だ

私・大河原宗平がこの記事を描いたのは 確か20190220日だと記録されている。 現場で小笠原しゅんすけさんに「横断歩道を描いてよ」とお願いしたのは20190208日だ。

写真のように きれいに横断歩道がペイントされたのは 201910月中旬だ。

20191008日ここを通ったときはまだ描いてなかった。
予算が付かないとペイント業者に仕事を発注(依頼)できないという事情はあるだろうが それは言い逃れだ。理由にならない。 報道が大きく取り上げるような「死亡事故などの重大事故が発生」すると 直ぐに対策が執られる。

 

「大河原に指摘されたから 直ぐには描かないで ちょっと間を置こう」と勘繰ったのかもしれない・・・





京都府警・首席監察官 西元博史はコメントした

京都府警・首席監察官 西元博史はコメントした


 京都府警・監察課 首席監察官 西元博史は「職員に対する職務倫理教養を徹底し 再発防止に努めたい」とのコメントを出したそうだ。

 

どんな事件だったのか?

 

警察官が飲酒運転で出勤した疑い。上司の警部補2人も「飲酒運転見逃し容疑」で書類送検。 京都府警

 京都府警・舞鶴警察署の男性警察官(20歳代巡査)が平成30年(2018年)11月23日 「前夜 自宅で飲酒し 朝になっても酒気が残っている状態で自動車を運転して出勤した」容疑。巡査は書類送検され その後依願退職。(平成31年(2019年)2月14日判明)

 

この飲酒運転事実を知っていながらこれを見逃した 上司にあたる30歳代と50歳代の男性警部補は 「巡査が飲酒運転で出勤してきたのに気付いていながら捜査(飲酒検知や交通切符処理のことだろう)をせずに 公共交通機関を使って帰宅させてしまった」容疑で この2人の警察官も 「犯人隠避容疑で書類送検された」そうだ。

 

このことについて

京都府警・監察課 首席監察官 西元博史は「職員に対する職務倫理教養を徹底し 再発防止に努めたい」とのコメントを出したそうだ。

というニュース・・・ です。

 

ここで疑問??

飲酒検知をしないで帰宅させてしまった男性巡査の飲酒量をどのように確定したのだろうか?
「前夜に飲んだ量と同量の酒類を飲ませ 飲み終わってから自動車を運転するまでの時間をおいて 飲酒の再検査をした」とでもいうのだろうか? 強制令状のない「鑑定処分をした」のだろうか?? 

この場合の飲酒量の確定は難しい。
飲酒検知の正しい方法
 

それと 処分を受けた2人の上司の警部補が 巡査が自動車を運転して出勤したところを「現認したのか?」という 大きな問題も残る。交通違反の検挙は「現認(すなわち現行犯性)」が大原則。大切なことなのだ。

 

何でも「自供したから立件できる」というのは 大きな問題が残る。

京都府警が どのように 立証したのかも知りたい・・・

 

こんな危険な立証だから 送検されても 検察は 「罰金の有罪判決」を取るのは無理筋だろう。

落としどころは「本人が反省し 依願退職して 社会的制裁を受けたから」と 「不起訴(起訴猶予)処分」だろう。

 

もう一つ 運転免許証を発行している「公安委員会」が運転免許証の「停止処分(行政処分)」を出したのだろうか?

こちらは 「立証困難な道路交通法違反」だから 免停も出していないかもしれない。

沢山の問題を はらむ事件のニュースに接してしまった。
<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>

ことについでに

 

一方 岐阜県警では 「生え抜きで初となる女性警視を誕生させる」そうだ。

この女性警視候補とは

岐阜県警本部 総務室装備施設課で現在「次席」の西田美乃里さん。

現階級は「警部」だが3月1日付けで「警視に昇任させ」 広報県民課広報官に配属するそうだ。

 

こちらは 皮肉を込めて「西田美乃里さん おめでとうございます」と付け加えたい。

定例会開催のお知らせ(平成31年02月定例会)

定例会開催のお知らせ(平成31年02月定例会)
「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??

(注:毎月の事前告知が遅くなっていますが 「定例会」ですので 

「毎月第四土曜日 13:30~に変わりはありません.。御承知

おきください。)

警察正常化協議会

警正協 KSK)の 2019年(平成31年) 2月定例会は 従来どおり第四土曜日に開催いたします。 

日時 : 2019年(平成31年)02月23日(土)  13時30分~ 

場所 : 「ガスト高崎駅前店」    (群馬県高崎市・JR高崎駅の東口の近くです。)

参加費: 無料・無し です。 (ドリンクー等個人の飲食は各自の負担です。)

今月の議題 

  本年も 警察問題が多すぎて 定例会のお知らせを出すのを忘れてました。

議題は「警察問題 もろもろ」とします。

警察問題 何~んでも  です。

 

多くの皆さんの 参加を お待ちしております。
  

 その他 ご案内>

会場は「群馬県高崎市・JR高崎駅の東口から近いです。席の予約はありません。 
      
 早く到着された方の判断で着席、席を確保してください。  なお、到着された方がバラバラに席を取っていたり 大河原が店内にいることに 気付かないで時間だけをやり過ごしてしまっているケースが見られます。 午後1時30分になりましたら店内で大河原を探してください。必ず店内のどこかに行っています。


 但し 宗教の拡散活動等を目的とした方の参加はお断りしています。

 不明な点がありましたら、警正協 代表 大河原宗平の携帯 「090-4725-9006」まで直接連絡ください。

また メールアドレスは以下のとおりです。どうぞ ご利用ください。hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

滋賀県警 滝口一也首席監察官 コメント

滋賀県警察本部(監察課?)の滝口一也首席監察官は 「県民の信頼回復に組織を挙げて取り組んでいる中 誠に遺憾な事案であり 調査結果を踏まえ厳正に処分しました。 職員に対する指導・教養を再度徹底します。」とのコメントが 報道されていました。

宣伝カー(2)

皆さんは 警察から受けた不条理な対応や 警察官の態度などに対する苦情・意見を 「監察課」というところが受けてくれる  と お思いでしょうが これは大きな間違いです。

「監察課」と言うのは 警察内部の組織です。
刑事部や 交通部と 同じ貉です。

ですから「監察課に苦情や相談」を持ち込むことは 一般国民の苦情や意見を「敵(警察)に教えてしまうことになる」のです。苦情をいち早く知るアンテナになっています。

勘違いしないでくださいね。

「公安委員会」なんて言うのも 同じです。
委員は 確かに一般から選ばれた有識者(?) だとされていますが 毎日勤務している訳ではありません。

「公安委員会に意見が伝えたい」 「公安委員会に手紙を出した」などと 安心していると 大間違いです。

公安委員会の事務を 警察官や警察の事務職が担当しています。
公安委員に意見が伝わる前に 警察内部に その苦情・意見が 回されてしまい 「ガードされてしまう」のです。

老婆心ながら・・・
警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • あおり運転を 警察があおっていることになるぞ~~
  • 2020年(令和2年)7月定例会休会のお知らせ
  • 不適切な飲酒検知で運転免許証の取り消しをしてはいけない という判決
  • 2020年(令和2年)6月定例会も休会します
  • 信号無視違反金9000円と人の命を引き換えにさせてはならない
  • 2020年(令和2年)5月定例会休会のお知らせ
  • 広島中央警察署から 「消えた8572万円事件」 容疑者不起訴処分結末の仕返し放映か?
  • 勇気のある警察官が出てきた(埼玉県警の巡査)
  • 腐った警察を変える力になるだろう。決して退職してはならない。
カテゴリー
  • ライブドアブログ