警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2018年12月

重要なお知らせ 「講演会&パネルディスカッション」ご案内

#前川喜平 講演会 群馬 3月9日

#寺脇 研 講演会 群馬 3月9日



本記載は

寺脇 研 : 前川喜平 「講演会&パネルディスカッション」ご案内の支援です。

これからの日本 これからの教育

  また サポーター 支援者 を募集しています。 


  #大拡散を望みます。よろしくお願いします。

先ず 主催者 伊藤誠一のHP へお立ち寄りください。
https://www.rnsi.work/

 

テーマ:「これからの日本 これからの教育」「私たちが生きたい世界は 私たちで創る」

日 時:2019年(平成31年)3月9日(土)19:00~21:30

場 所:群馬県 高崎市 「高崎市総合福祉センター(たまごホール)」

参加費:一般2000円 高校生500円


(注:参加には申し込みが必要です。下記を参考に お忘れなく。)

◆2019年3月9日 午後7:00~ 9:30(パネルディスカッション)参加費¥2000 高校生¥500
◆会場:高崎市総合福祉センター たまごホール。
*なお、参加費払込をもって参加申込み完了となります。
◆一度払い込みいただいた参加費は、理由の如何を問わず、払い戻しいたしません。
◆会場の電話番号は027-370-8822です。カーナビの検索にご利用ください。この電話に講演会関係者
は出られませんので、ご注意ください。会場住所〒370-0065 高崎市末広町115-1
◆参加費振込口座 ゆうちょ銀行 00220-5-88639 名義 RnSI (リンジー)
◆お問い合わせ 電話番号 070-6634-5958(伊藤と出ます)
◆お問い合わせ e-mail: vita.maebashi+rnsi@gmail.com *件名は講演会として下さい。
*問い合わせは極力 e-mail をお使いください。*RnSI は Relational-network of Studying Incubator の意味です

☆☆☆ お願い ☆☆☆
講師の寺脇 研さんは文部省時代ゆとり教育の広報責任者。前川喜平さんは。文科省時代生涯教育・ゆとり教育の本来の在り方を推進して来て、退官後は夜間中学でボランティア講師をするなどしている21世紀教育の実践者です。
お二人を迎えし講演会を成功させ、インターネットを使った日本最初の自主自立の学びのネットワークを創設したいので、ひとりでも多くの方のご参加ご支援をお願い致します。
ご支援いただける方は、事務局まで、メール(電話でも可)でご連絡ください。

アートが学べる通信制高校 【これからの日本、これからの教育より抜粋】
私のいる京都造形芸術大学では、いま、通信制の高校を構想している。マンガ学科の学生と接していると、高校時代に窮屈な思いをしてきた子が多いことに気づく。絵なんて描いている場合じゃないとか言われて、大学に入って、ようやく自由になったという子が少なくない。性的マイノリティーの学生にとっても、つらかった高校時代までと違い、こういう自分でもオッケーなんだと感じられるようになったという。
それなら、高校の段階でも、そうした自由を味わわせてやろうということで、大学のキヤンパス内に高校を作りたいと思っている。通信制であれば、毎日通学する必要はなく、自分のペースで通えばいい。




警正協 定例会(平成30年12月定例会)休会のお知らせ

カテゴリ

警正協定例会(平成30年12月定例会)休会のお知らせ
「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??


毎月 遠方より参加いただいております警察正常化協議会の定例会は 毎月第四土曜日に開催しているところでありますが 今回(12月定例会)に限って 私・大河原宗平の都合で休会とさせていただきます。

なお 今までに参加された方々が相互に連絡を取り合って 参加の上 話し合っていただくことは全く差し支えありません。

誠に勝手な対応で申し訳ありませんが ご理解いただきますよう お願いいたします。

 

 

平成31年1月の定例会は 従来とおり

日時 : 平成31年1月26日 (土) 13時30分~ 

場所 : 「ガスト高崎駅前店」    (群馬県高崎市・JR高崎駅の東口の近くです。)

参加費: 無料・無しです。 (ドリンク等 個人の飲食は各自の負担です。)

です。

沢山の皆様に参加いただきますようお願いいたします。
 お急ぎの連絡がある方は どうぞ 私・大河原宗平の

携帯電話 「090―4725―9006」

 メール 「hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

の方へ 連絡ください。では・・・

消えた8572万円どう補填?「広島県警に 常識なし」との情報が届く

消えた8572万円 どう補填?


「広島県
警に 常識なし」との情報が届く

 

広島県警と言えば 何と言って 広島中央警察署内・会計課の金庫から証拠品として保管してあった 現金8572万円が消えた事件が未解決のままとなっており その捜査の行方が国民の間で大きな関心事となっている警察である。

 

その関心の高さは 何といっても「犯人が警察内部にいる」との容疑があるからだ。

事件発生から有に1年半が経っても 捜査の進展はなさそうだ。

逆に 捜査を遅らせて 責任ある幹部を(退職金を持たせて)どんどん退職させてしまい 「犯人も捕まらない」 幹部は「誰も責任を取らない」 消えた多額8752万円は 「県民の税金で負担?」と囁かれているようだ。

 消えた8572万円 どう補填?

県民はそんな広島県警察に呆れてものが申せない と 呆れ顔 のようだ。

 

投網をかけるごとき 一網打尽の速度違反取締り

ところが ところが そんな警察が その「消えた8572万円事件」はさておき  県民を更に交通違反で一網打尽に引っ掛けているようだ。

 

この騒ぎは 広島市安佐北区にある 「可部バイパス」という路線でのこと 「11月のある晩 22:00(午後10時)に 速度取締りをしている」とのこと。

 

この情報を警察正常化協議会に寄せた広島県民は 「投網をかけるごとき」と言い切った。

 

交通取締りを専門にやったことのある私・大河原宗平は この「投網をかけるごとき」との表現に これほど的を得た表現はない と 圧倒された。

なぜならば 夜中の10時に 片側2車線のバイパスを 法定速度60キロ以下で走る車は少ない。同所は 速度規制が「50キロ」だそうだ。法定速度より10キロ厳しい規制がかかっているという。

 

少なくとも15キロ超過以上の車両(つまり 65キロ以上の車両)を 違反として取り締まっているだろうが その時間で 空いている バイパスを通過する車両は 「ほぼ全部が捕まる」と予想できる。
この状態を 情報提供者は 「投網をかけるごとき」と言い切ったのだった。

運良く捕まらないのは 違反者が多すぎて 切符切りの警察官の手が足りなくなってしまい 止む無く 速度測定のレーダーを止めているから 速度違反があっても 捕まらないだけ というのが警察側の お家事情だ。

不信感高まる広島県警ではあるが 県民の不信感もどこ吹く風で 交通違反で県民に「投網にかけている」ようだ。

 

なお この速度違反取締りでは 広島県警の警察官も 引っかかったらしい・・・

お仲間で「見逃した」のか 通常通り「切符処理された」かは 定かではないが もしも 切符処理しないで「勘弁」してあったとすれば 後日 警察官が警察官に対する「犯人隠避罪」でまた問題がでてきそうだ。
一方 適正に切符処理されているとすれば 密かに部内で 「所属長注意処分」程度の お仕置きがあるだろう・・・

 

事件警察署では 必死の組織防衛?

そこで 消えた「現金8572万円事件」について 発生場所である広島中央警察署では来訪者に対して 玄関前での 執拗な 嫌がらせ的「質問攻め」が行われているようだ。

 

「何の用事で どこの課へ行くのか」といった具合に 警察署の玄関で質問攻めにあうようだ。

年末にかけて 訪問者が増える 警察署で 「特に会計課へは 絶対に行かせない」とばかりに 行き先を聞くようだ。

 

(広島県警が)一向に解決させない 「消えた8572万円事件」を 密かに取材しようとするメディア関係者を 漏らさずチェックして締め出したい意向のようだが 会計課には全く関係のない 一般の警察署訪問者は 

「ここまで目を光らせて 一般人に不快感を与えるのならば 紗々と事件を解決して 

処分する者は処分して ケジメをつけたらどうだ」

と膨れ顔のようだ。

 

当の広島中央警察署では 警察署の横にある通用口から 従来出入りが許されていた 警察OBまでもが 長棒を持った管区機動隊員から出入りをチェックされて こちらOBも 不満顔のようです。

 

早い解決が望まれる「消えた多額の証拠金事件」

地元新聞の 「中国新聞社」等が 事件発生から「1年の区切り」「1年半の節目」に県民の関心を和らげるためなのか 関心を高めるためなのか 記事を書いているようだが 最終的にこの多額の現金「8572万円」が発見されない場合 誰が補償するのだろうかと心配する記事も書いているようだ。

 

広島県警が犯人を指し出して 現金を回収できるのか?

現金未発見のまま 県民の税金で補填されるのか?

 

いろいろな見方があるようだが 当の警察内部では 早くも「迷宮入り」がささやかれている とも聞こえて来ている・・・

 

<また追加情報が入れば 記事を書きたいと思います = 警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記=>

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 吠える 無能な警察官 群馬県の高崎警察署
  • 吠える 無能な警察官 群馬県の高崎警察署
  • 吠える 無能な警察官 群馬県の高崎警察署
  • 吠える 無能な警察官 群馬県の高崎警察署
  • 警察は「身内」だから逮捕しないのね
  • 今日も 「警察犯罪」の報道オンパレード(2019年9月30日)
  • これでも「県民目線」と胸を張るのであろうか・・・
  • これでも「県民目線」と胸を張るのであろうか・・・
  • これでも「県民目線」と胸を張るのであろうか・・・
カテゴリー
  • ライブドアブログ