警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2018年10月

広島中央警察署の金庫から 消えた約8500万円 事件のその後

広島中央警察署の金庫から 消えた約8500万円 事件のその後


「上層部がもみ消し工作」 「死人に口なし」 「本部長に管理責任を取らせない」と総括する

 

 

警察署の金庫から盗まれた「8572万円事件」のその後

私・大河原宗平のブログでも取り上げてきた広島県警・広島中央警察署の会計課に保管中であった「証拠品の現金 8572万円が盗まれた」とされる事件について その後の事件もみ消し工作 責任を取らせない本部長交代劇 や 犯人像に関する情報をもとに 記録に残しておきたいと思って文字に打ってみました。どうぞ お楽しみください・・・

 

警察署の金庫から消えた「8572万円事件」のその真相は

 この事件は 大変興味深い「裏話」があるようだ。

  • 相当上位の階級にある男性警察官複数名を相手にした女性職員の不倫

  • その不倫相手の一人に新たに加わった男性警察官は死亡

  • 上司から「俺の女に手を付けた」と「3000万円の落とし前」を要求された

    下っ端警察官

  • 上司に支払うつもりだったのか 一旦「3000万円が金庫に戻った」との風評も

  • 犯人の疑いをもたれた警察官の死亡原因は不明?少なくとも「自殺ではない」ようだ

  • 県警の最高責任者「県警本部長」はおとがめなし

  • 広島県警でも 全国共通の 「裏金作り」があったようだ

 

複数の上級階級の男性警察官と「仲良しだった」会計課の女性職員の動向

  事件が起きた 広島県警 広島中央警察署の会計課にある鍵のかかった「金庫」から 証拠品として差し押さえ 保管されていた 多額の現金「8572万円」が盗まれた という事件だ。

 

この事件の犯人捜査は 簡単な筈。それは 「鍵を管理している警察署員が犯人だ」と疑

うのは 誰でもが考えることだろう。

しかし こんな多額窃盗犯人を決めるのは「簡単な警察」の筈だが 犯人の決め手を欠いている。

こんな事件の裏には 警察内部にはびこる「男女の仲」が悪さをしているようだ。

事件発生部署に勤務していた女性職員「M」は多数の男性職員と「仲良し」だとの風評。

犯人視されたこの署の警察官「W」は この「M」と「仲良し」だったようだ。

 

M」は既に退職している県警OBの元警察官とも「仲良し」のようだ。

 

ここまで 読んでいただき 「筋書」が見えたでしょうか?

 

その不倫相手の一人に加わった男性警察官は死亡

この「犯人視されたこの署の警察官」だか どうだか は 明言を避けるが この事件関

係者として取調べを受けていた30代の警察官「W」が「死亡」しているようだ。

広島県警の発表では 死因について 「自殺とは断定できない」とされているようで 「自

殺」でなければ 「他殺か」と考えるのが普通だろう・・・

捜査本部を立ち上げて徹底捜査が行われなければならない殺人容疑事件だ

しかし「自殺とは断定できない」という表現を借りれば「病死」「事故死」との見方もある

と広島県警は言いたいようだ・・・

誠に変な話だ。

 

「俺の女に手を付けた」と「3000万円の落とし前」を要求か

「犯人視されたこの署の警察官」は広島県警OBの元警察官から「お前 俺の女に手を出

したな。落とし前は3000万円だ」と脅されたらしい。

 

一旦「3000万円が金庫に戻った」との風評も

この話は公開されていないようだが 部内では 「その後 一旦 3000万円が金庫に戻っていた」との風評もあるようだ。

いったい何の目的だったのだろうか?

分かり易い話だ。 OBの元警察官から要求された分だけ金庫に戻して 警察署員を介して「詫びを入れた」のだろう(と私は推測する)。

 

その後 この「3000万円」の行方は不明。

 

2018年1月16日 広島県警本部長の交代劇

  ネットで検索すると 多額の現金がなくなった当時の県警本部長は

2016年6月7日付けで(警察大学校勤務から)名取振平という者が広島県警本部長になっているようだ。その名取が在任中の

2017年5月8日(というゴールデンウイーク明け)に証拠品として保管中の現金8572万円が「会計課の金庫からなくなっているのが発覚した」とされている。この事件の捜査がうやむやにされている最中の

208年1月16日 名取本部長を中部警察局に異動させ 後任に警視庁総務部長であった 石田勝彦という者を広島県警本部長に据えたようだ。

 

要は 「警察内部に犯人がいる可能性の高い大犯罪」を その事件が解決しないうちに警察庁人事(国家公安委員会人事)で県警本部長という職人を違う部署に転出させてしまい 事件発生当時無関係の部署にいた者を県警本部長に就かせるという「人事の技」 言わば「どの本部長にも責任を取らせない 誰の経歴にもキズを作らない人事を警察庁が打った」ということが明白に見えてくる。

 

ドロドロな広島県警

広島県警でも 全国共通の 「裏金作り」があったようだ。

 

地元企業からもらった「栄養ドリンク」を署内で 100円で販売。

繁華街で営業する飲食店から差し入れに持ち込まれた「ビール」で飲み会。それでも署員からは会費を巻き上げる。

アジア大会で 行動確認(「行確・こうかく」と言う)対象者を追尾するために乗った電車賃は「警察手帳で無料だったが後に実費が請求されていた。」

その昔 刑事課も警備課も 「毎月3万円の偽領収書を書かされていた」との話も・・

新庁舎落成で 地元の知名氏をたくさん呼んで ご祝儀を取って 全部裏金

銀行協会に 天下りしたOBが署長の転勤で 銀行協会からまとめて餞別を集めてきた

「裏金管理銀行」とも呼ばれていた・・・

 

等々。

 

更に 広島県警の警察学校では 「分厚い六法全書で頭を殴られた」との話も・・

 

ここまで 裏付けはないが 風評として 私が認知した内容と 私・大河原宗平の私見を書きました。その他参考になる情報がありましたら 教えてください

 

連絡先は

携帯 「090-4725-9006」

メールアドレスは   hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

です。どうぞ ご利用ください。

 

 

警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年10月定例会)

警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年10月定例会)

カテゴリ


警正協
定例会開催のお知らせ(平成30年10月定例会)
「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??
冒頭お断り「平成30年12月(12月22日・土)の定例会」は代表大河原宗平の都合により 休止いたします。参加各位の自主的な参加・話し合いは行ってもらっても差し支えありません。大河原は欠席します。

  • それでは 警正協定例会のご案内をいたします。

    警正協の 平成30年10定例会は 従来通り第四土曜日に開催いたします。
        
    日時 : 1027日(土)13時30分~ 

         場所 : 「ガスト高崎駅前店」
          (群馬県高崎市・JR高崎駅の東口から近いです。席の予約はありません。 
           早く到着された方の判断で着席、席を確保してください。
            なお、到着された方がバラバラに席を取っていたり 大河原が店内にいることに  

    気付かないで時間だけをやり過ごしてしまっているケースが見られました。
             午後1時30分になりましたら店内で大河原を探してください。必ず店内のどこ

    かに行っています。

     参加費: 無料・無しです。 (ドリンクー等 個人の飲食は各自の負担です。)


    今月の議題 

      今月も警察の正常化を求める話題は沢山あります。

    特記すべきは 交番での「けん銃事件」かな と思います。

    関連する情報 御意見をお持ちの方の参加をお待ちしています。

    また 広島県警広島中央警察署から消えた 8500万円を超す保管金に関する

    その後の面白い情報も寄せられていります。この事件についても話題の一つにしたいと考えています。

    警察正常化協議会 10月例会にお集まりください・・・  

    ※ 但し 宗教の拡散活動等を目的とした方の参加は お断りしています。

     不明な点がありましたら、警正協 代表 大河原宗平の携帯 「090-4725-9006」まで直接連絡ください。

    また メールアドレスは以下のとおりです。どうぞ ご利用ください。hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp
    では お待ちしています。

神奈川県警伊勢佐木警察署の警部が万引後に事後強盗で逮捕された

keiseikyou_meishi01
 

神奈川県警伊勢佐木警察署の警部が万引後に事後強盗で逮捕されるについて

 

最近 警察官の犯罪が多くなったように感じる。

こんなに犯罪者が多い警察は 今どうなっているのだろうか?

というような 声をよく伺う。

「最近になって犯罪者警官が多くなった」訳ではない かつては「報道されなかっただけだ」だ。今と変わらず警察官や警察組織の人間が行った犯罪は数多くあった。

マスコミを抑えて 記事にさせなかっただけだ。それを報道させないために警察幹部が記者共を飲みに誘い出して「よいしょ」していたのだ。

一方「警察の不祥事を報道させる力」に 我々の「警察正常化」活動の成果が存在しているともいえる。

報道各社も「警察正常化協議会が先に発表してしまったらマスコミのメンツがない」と危機感を持っているとも考える。

過去には 正面を切って「警察の正常化」なんて謳うグループはなかった。

警察内部の者からも「警察正常化協議会」に「ここ部署ではこんな不正がある」なんて

内部告発されないとも限らない。

 

そこで警察の広報担当部署も ある程度の事実を公表する方向に舵を切っている とも言

える。




さて 今
回報道された


神奈川県警 伊勢佐木警察署 地域第三課長の41歳の男性警部が起こした「事後強盗」事件に関してですが

 事件の概要は(報道によると) 平成30年10月5日の午後10時過ぎに 量販

店(ドン・キホーテ伊勢佐木町店)で芳香剤や靴下を万引きして警備員に見つかり突

き飛ばすなどの 逮捕を免れるための抵抗をして「事後強盗罪」容疑で現行犯逮捕さ

れた 

というもの。

 

この事件について何点か抽出して考えてみたい。

 先ず「41歳で警部 警察署の課長」。41歳で警部昇進していることは「ノンキャリ組」では かなり出世が早い内に入る。神奈川県警の警察官に採用されると「41歳で警部という幹部になれる」というイメージの広告塔的存在であったことに間違いはないだろう。

それは就職を希望する若者は勿論 警察内部の若い者に対しても だ。

 

特に若い現役の警察官共には 日々 組織に忠実に従って言うとおりに動いて「内申書」を良く書いてもらい 昇進試験では組織の方針どおりの答案を書いて 面接官に対しても「警察満点の上手い答弁」をして「上位の階級試験をクリアー」すれば「若くして出世できる」と印象付けるものだ。

こんな警察組織が 社会とかけ離れている組織だ。言い換えれば「自分の意見は通らない組織が警察」ということだ。

「上を向いて歩こう」とはどなたか有名な歌手の歌の題名だったが 正に警察組織は 上位の階級を目指して「上を向いて歩こう」の組織なのだ。であるから昇進試験ばかりが脳裏にあって 社会常識がないのだ・・・

 

次に 何故この程度の「万引き」をやってしまうのだろうか。

これは 私以外の方からの御意見だが「警察は 万引きをするほど ストレスの大い組織なのだろうか?」という疑問の指摘が届いた。

正に 先に書いた「上を向いて歩こう の組織」が悪さをしているものと考える。

警察は 仕事上も組織上でも「自分の意見が言えない組織」だからだ。「すべて上司の命に従い」とされているのだ。

 

どんなに住民に身近な犯罪や迷惑行為でも「大した事件ではない。それより報道メリットのある多額・多量・多人数の事件を上げたいだけ」の組織なのだ。具体的には 今 はやり(流行り)の 「オレオレ詐欺」の類。犯人側の電話番号や振込口座がわかるのだから 解決に突っ込めば短時間かつ簡単に事件が解決できるはずだ。

乱発されている「訴訟最終告知のお知らせ」も同様だ。

記載されている電話番号に電話すれば相手は出る。ということは「契約されている固定電話が設定されている場所が簡単に特定できる筈」なのだ。

しかし警察はやらない。被害者などはどんなに多く発生させてもいいのだ。

 

こんな警察の対応では被害に遭った個人はたまったものではない。

警察なんて個人個人の被害や迷惑なんて解決する気持ちは持っていない。

「報道メリットのある 初めて・多額・多量・多人数 の事件を上げたいだけ」なのだ。

 

さてこの程の 神奈川県警 伊勢佐木警察署 地域第三課長の41歳の男性警部が起こした「事後強盗」事件について 皆さん。「警察官に万引きは犯罪ですよ」と教えてあげましょう。(なお関連報道について 本人の名誉のため あえて報道されている実名は伏せました)

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 神奈川県警伊勢佐木警察署の警部が万引後に事後強盗で逮捕された
  • 警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年9月定例会)
  • 今度は 群馬県も防災ヘリを墜落させたか
  • 警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年7月定例会)
  • 長野県 防災ヘリ墜落事故の早期真相解明を望む
  • 防犯標語でお寿司屋さんが大迷惑
  • 皆さん 振り込め詐欺被害に遭わないでください
  • この日本から 「国」が消えた。
  • この顔は どんな顔に見えますか?
カテゴリー
  • ライブドアブログ