警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2017年11月

日馬富士事件で振り回される鳥取県警の裏に 何が見えますか ???

日馬富士事件で振り回される鳥取県警の裏に 何が見えますか ???

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  124


横綱日馬富士が鳥取市内の飲食店で幕下力士貴ノ岩さんに傷害を与えたとされることでマスコミが騒ぎまくっている。


勝っていくら(懸賞金)の世界の相撲界、それに加えて中立であるべきNHKがスポンサーの「羽織」を大写ししてスポンサーのコマーシャルに大役を買っている。

 

こんな相撲界やNHKはどうでもいいのですが 私・大河原宗平は 傷害事件である「被疑者の取り調べ」に鳥取県警が振り回されている現状(の裏)が面白くてたまらない。

 

結果から先に言うと「鳥取県警なんかの小警察にこの国技の世界の不祥事の取調べをさせて、今まで築き上げてきた大警察と相撲協会との関係を崩されてたまるか。」と警視庁や福岡県警が操っている(のではないかと)可笑しくてたまらない。

 

皆様。先ず 都道府県警察の定員をネットで調べてみてください。

 

当然 東京・警視庁は日本最大の定員。4万3千人強と出ます。東京・上野警察3 パトカーは交差点内に違法駐車中

一方、福岡県警はというと1万1千人強で全国ベストテン(10位)に入る。

 

では 鳥取県警は? たったの1200人強。全国最下位の定員です。

 

日馬富士事件が報じられるようになって直ぐに 「鳥取県警が国技館(東京)に来て日馬富士の事情聴取をする」と報じられた。


私・大河原宗平は 直ぐに 「鳥取県警が「傷害被疑者」の取調べに都内まで出張。これは凄い特例だ。前例になる。任意出頭しなければ逮捕するのが従来の警察。異例中の異例の待遇だ。相撲協会と警察の癒着の現れか?」とツイッターした。

 

この報道の過程で「鳥取市の飲食店の模型まで 都内で造って 傷害事件の再現をする」とも報じられた。笑わせる。

 

次が 日馬富士事件の現場に居たとされる 横綱白鵬からの事情聴取を 福岡県内のホテルで行ったとも報じられた。

 

そして 今日(11月29日)の 日馬富士の引退記者会見が 福岡の太宰府天満宮(とか?)。

 

これは一体何だい? 事件現場だとされる「鳥取県」はどこへ行ってしまったの?

 

 

誰が聴いても変な話ばかり。 単に 「鳥取県警が 東京や福岡へ 大多数で空出張して 大金の裏金作りをした」と勘繰ればそれも良い読みだろうが 私・大河原宗平 は まだ 別の裏があると読む。

 

 

それは 相撲協会と 警視庁や福岡県警との関係(ここでは大阪府警には 触れないこととする)。

 

東京都警察の警視庁は国技館を管轄する。一方 九州場所は福岡県警が管轄する。

 

それがどうした?

ここが癒着の根源なのです。

 

相撲の場所開会中に国技館や地方場所の体育館周辺の警備を担当するのはどこでしょうか?

ましてや 皇族や国賓級が観戦したり 千秋楽に総理大臣が優勝杯の授与に場所へ出向く。となると ここで警察の警備が付きものだ。

 

これで 読者の皆さんもいくらかお気付きになられましたか?

 

相撲協会と警備の警察官を派遣する東京都警察:警視庁や地方場所の福岡県警との「癒着」が起こるのです。

 

その「癒着」は「現金?」。 いや違います。「無料の観戦チケット」なの(だと私・大河原宗平は思うの)です。

 

何故? 群馬県の伊勢崎市にはオートレース場があります。管轄は伊勢崎警察署です。オートレース場側から伊勢崎警察署へは「特別観覧席(とっかんせき)の 無料入場券が 制限なく頒布されます。 これを署員が 知り合いの一般人に 無料配布します。 貰ったオートレース・ファンは 無料で特観席でレースを楽しめます。

 

また 前橋には前橋競輪場があります。レース開催期間中に前橋警察署から(特別混乱が予想される場合は 県警本部の機動隊が出ることもあります。)ここの警備にあたる警察官らには 「無料の食券」が配布されます。その枚数は警備に従事する警察官数以上の人数分の食券を要求します。
昼食の「もつ煮定食」は食べ放題。さらに残った食券は「おにぎりで夕食用」と言った具合の癒着があるのです。

 

であるから 今度の「日馬富士事件」を 鳥取県警の自由に徹底捜査なんかさせる筈がありません。

 

警視庁、福岡県警と相撲協会の密着関係を崩されては たまったものではありません。

 

警視庁や福岡県警とつながっている相撲協会との「忖度」の恩恵は 当然の警察庁にも上げられます(と思います)。

ここまで書けば もうこの先は 想像してみてください。

 

大相撲の砂被りの特等席の「無料券」で旨い汁を吸っていた警察組織が そうは簡単に 相撲協会との関係を潰す筈はないのです。

 

当然に警察庁が絡んで 鳥取県警の捜査の名を借りて 「警視庁や福岡県警の顔を立てつつ」、「日馬富士事件」は最も軽い処分で幕引きされる(というのが私の読みです)。

 

そのために 当事者の 日馬富士は 責任を取って 早期引退。

 

これが 一連の「日馬富士事件」だと 私・大河原宗平は推測する。

 


好き嫌いで言うのではないが 報道で「無言」と非難を浴びている 「貴乃花親方」の態度。 私・大河原宗平は これでいいと思う。

 

「貴乃花親方」の無言を マスコミは 批判する前に 現国会で尾を引いている「森・加計問題」などで 行政側が文書を隠す「文章の無言 行政の無言」をもっと 批判してみたらいいのに・・・

 


というのが 日馬富士事件の捜査の裏側推察と これを報道するマスコミの態度に対する注文として 結語といたします。


「優しい警察官になりたい夢」は いつ崩れて行くのだろうか

「優しい警察官になりたい夢」は いつ崩れて行くのだろうか

 

警察を変えてください 沖田周真(しゅうま)さん

 

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  123

 

2017年(平成29年)11月25日(土曜日)付け 東京新聞「千・群 地域の情報」面 

=わたしの夢=に

 

千葉県市川市の小学6年 沖田周真(しゅうま)さん の作品として

   わたしの夢「警察官」

が披露されている。

小学6年生が見る警察の姿は 「こんなに純粋なのだ」 と眼が熱くなった。
と同時に この小学生(沖田周真(しゅうま)さん)の夢がいつ崩れるのだろうか? その夢が崩れた時 この小学生(沖田周真(しゅうま)さん)は この投稿を悔やみはしないか? と心配にもなった。

 

純粋な小学6年生が 「将来 優しい警察官になりたい」と 今「優しさだけ」を見てしまったのだろうが 実は警察は「検挙ノルマ主義」が横行しており 「無関係の一般国民」や 特に一見「アジア系の外国人」とみられる方々に 人権無視の「職務質問名目の所持品検査」で とんでもない人権無視と威圧を与えている組織なのだ。

(沖田周真(しゅうま)さん)が夢見る「優しい警察官であり続ける組織」には とても一警察官では変えることのできない 驚異の組織なのだ。

 

この子(沖田周真(しゅうま)さん)が警察官になる以前の高校生くらいになった時 例えば 自転車に乗っているところを警察官に止められて 「根拠のない職務質問」で 「自転車盗ではないか?」と疑われたりか 「カバンの中身を見せろ」などと 驚異的な酷い扱いを受けた時に この子の夢「将来 優しい警察官になりたい」が 崩れるのではないだろうかと心配する。

夢いっぱいの小学生6年生(沖田周真(しゅうま)さん)の 投稿を転記させていただく。

 

本ブログ 読者の皆様のご意見が伺いたい・・・

 

<以下新聞転記>

わたしの夢

★千葉県市川市「小学6年・沖田周真(しゅうま)さん★

「警察官」

僕の将来の夢は誰にでも優しく接することができる警察官になることだ。

そのいきさつは、僕がゲームのソフトをなくし、母親と探している時に交番へ行き、警察官の人に聞いたら、とてもやさしく接してくれて、とてもうれしく思ったからだ。僕もそんな警察官になりたいと思った。

そのために今からでも友達に優しく接して警察官のことも学ぶと同時に勉強を両立させて運動もしっかりしたいと思う。

だから警察官は市民のヒーローであるため色々なことに挑戦しなければいけない。

だからどんなことにも立ち向かって勇気をもって日々努力を続けていく。

<以上新聞転記終わり>

 

そういえば関越自動車道バス事故で母親を亡くしたとき「群馬県警の警察官に親切にしてもらった」と石川県から群馬県警に志願した「山瀬俊貴」君は今何処で何をしているのだろうか?

優しく 親切な 警察官を貫けているのだろうか?

「山瀬俊貴」君が 活躍しているような報道記事が最近は載らなくなっている感じがする。

東京・上野警察3 パトカーは交差点内に違法駐車中
 

<終わりに>
添付したパトカーの写真は 2017年11月20日 東京・上野警察署管内 御徒町駅前の公園で「全く不審者に見えない」一見「アジア系の外国人」と見える若い男性への所持品検査目的の職務質問のために パトカー「上野 3」をT字路交差点内に違法駐車していた証拠の写真です。

 

私が「パトカーが違法駐車じゃないか」と指摘すると「職務質問だからいいのだ」と言い張る。

 

「では 違法性が除去される根拠を言ってみろ」というと「警察法2条の警察の責務だ」という。

 

この警察官の無知と責任逃れの言い訳には 全く話にならない。

では「警察法2条を言ってみろ」と申し向けても それも言えない・

 

こんなお馬鹿な 警察組織を直してください「沖田周真」さん、そして「山瀬俊貴」さんとともに 日本警察をまともな組織にしてください。

 

この記事は

警察正常化協議会 代表 大河原宗平

連絡先    携帯 090-4725-9006

E-メール  hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

FAX    (設定中)

が(群馬県高崎市で)書いています。

 

緊急告知 「週刊金曜日 購読要請」

緊急告知 「週刊金曜日 購読要請」

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  122


本日(11月24日)発売の「週刊金曜日 1162号」で「元 警察官から見た 共謀罪の怖さ」として 私・大河原宗平の主張を取り上げていただきました。 どうぞ ご購読ください。

http://www.kinyobi.co.jp/

<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 報告>

警正協 定例会開催のお知らせ(平成29年11月定例会)

高崎駅前パトカー2

 警正協  定例会開催のお知らせ(平成29年11月定例会)

「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??

警正協   平成29年11月定例会を 従来通り第四土曜日に開催いたします。

日時 : 11月25日(土)13時30分~ 
場所 : 「ガスト高崎駅前店」(群馬県高崎市・JR高崎駅の東口から近いです。

      席の予約はありません。早く到着された方の判断で着席、席を確保して

       ください。)

 
参加費: 無料。(ドリンクー等 個人の飲食は各自実費でお願いしています。)

今月の議題は 
       ・ 好評につき 先月に引き続き 

                「緊急自動車として走行中の警察車両との交通事故に遭った

                  被害者の集い」

 「警察捜査の怠慢」事件

 「神奈川県座間市における(報道によると9人)殺人事件の真相」

 「第48回総選挙の結果」をどう見るか?

 その他 「警察問題」について何でも

といたします。

 関連する情報をお持ちの方 その他警察との間に問題点を抱えておられる方々の参加をお待ちしております。

不明な点がありましたら、警正協 代表 大河原宗平の携帯 「090-4725-9006」まで直接連絡ください。

※ 但し 宗教の拡散活動等を目的とした方の参加は お断りしています。

高速隊の「交通事故捜査 怠慢」の苦情 (九州地方 発)

高速隊の「交通事故捜査 怠慢」の苦情 (九州地方 発)


警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  121

 

道路交通における「アオリ運転」がやっと(警察の実務でも)問題視されてきた昨今 九州地方から 以下のような 警察の事故捜査の怠慢苦情が 警正協に 寄せられました。 紹介いたします。

 

<事案概要>

高速道路の追い越し車線を 走行中 前車が(必要性のない)急ブレーキを踏んだ。

後続の当事者は 急ブレーキをかけるとともに 急きょ 左にハンドルを切り 走行車線へ車線変更を試みる。ところが左車線には 後続の車両が・・・。

 

追突事故を避けるために 再度 追い越し車線に戻るも 急ブレーキを踏んだ車両があり 事故回避のため 右の のり面に衝突 横転。

その時 急ブレーキを踏んだ車両と接触。交通事故。

 

両当事者は車両から出て 話し合う。

その瞬間 「急ブレーキを踏んだ車両」の運転手が 「紙パック」を(遠方へ)投げ捨てた。

これを見た 横転車両の運転手は「牛乳パックではない、酒だ。」と直感。

飲酒の臭いもしたという。

 

警察に通報。パトカーが到着。

双方運転手から 事故の模様を 警察に説明。

 

横転車両の運転手は 高速道路警察隊の警察官に 「相手は酒の匂いがする。飲んでいた紙パックを(遠方に)捨てた。酒のパックではないのか捜査してくれ。」と申告。

 

驚いたことに 警察は 相手車両の運転手の飲酒検知をしない。

数日後も 警察にこの件の捜査を 依頼。

 

ところが 警察の対応は「今となっては 飲酒の証明はできない」と説明。

当然すぎる言い訳だ。

 

 

<ここからが「警正協として追及したい」事態>

飲酒運転で交通事故を起こしても その場を離れて 「動転してしまい コンビニでお酒を買って飲んで 気持ちを落ち着かせてきた」と言い訳。こんな話は良くある話だ。

 

そうさせないために 警察としては その場で「飲酒の疑い」を申告されたのならば「アルコールの反応が有るのか 無いのか」その場で 「飲酒検知」して 両当事者に事実確認の証明をするべきだ。

 

交通事故があると 警察的には 過失の大きいどちらかの当事者の処罰を検討するのが従来の「お仕事」だ。

 

でも 交通事故の当事者としては あと一つの大仕事がある。

それは 示談交渉だ。

 

現場に来た警察は「簡単に処理したい」という 無責任な気持が先行して 「怪我はありませんか?」の 確認まで触れずに 事故証明だけ出せる手続きで現場を終了したい気持ちが隠せない。

 

そこへ来て その事故が飲酒を伴う事故だったとしたら 飲酒によって事故を起こすような運転になった経過を 捜査して証明しなければならない。 とても困難な仕事が残ってしまう。

できれば 無視して 簡単に処理したい。

 

ここで触れておきたいのは 「単なる飲酒運転」は 「ノルマ達成の大きなお手柄」になるから 切符は切りたい。

ところが「飲酒を伴う交通事故」となると とっても難しい捜査を求められるので「安きに流れる処理」になっているのが現実。

 

ここが大きな怠慢だ。

こういう重大な捜査を 手抜きしているから 飲酒運転 いや 飲酒に伴う交通事故まで減らないのだ。

 

居酒屋(などの飲食店)で飲酒して 店から出て 運転をするまで 暗闇にパトカーを隠して張り込み 運転をさせてから 赤信号で止まるのを待って 後方から「赤灯」をつけて停止を求めて 飲酒運転の摘発をするような手法が まかり通って 「検挙実績 評価主義」を取っている警察の体質に大きな問題があるのです。

 

「新三K」。

「隠れた(K)」「汚い(K)」「交通取締り(K)」では 交通事故は防げません。

道路の交通の現場で 実際に起きている 危険極まりない悪質交通違反の取り締まりができない警察に 交通事故の抑止はできない。

交通事故防止を 声高高に 「放吟する権限は警察にはない」と言い放したい。

 

くだらない ノルマ目的の 職務質問より 危険極まりない 事件の抑止を警察には臨みたい。

 高崎駅前パトカー2

<更なる 疑い>

ここで紹介した 飲酒運転の疑いがもたれている交通事故を 警察が真っ当に捜査できない理由を考えてみると

その容疑者が「警察の関係者?」「警察と利害関係にある一般人?」はたまた「警察でも怖~い 893(やくざ)屋さん?」か などと察したくなる。

 

被害者を主張する事故の当事者が 前記のような「警察の関係者?」「警察と利害関係にある一般人?」はたまた「警察でも怖~い 893(やくざ)屋さん?」だったとしたら 「犯人隠避」の 警察の犯罪が 温存されている可能性が捨てきれない。

 

横転車両の運転手では解明できない難儀。

 

示談交渉する 保険会社の正義と熱意に期待したい。

 

<終わりに>

この記事は

警察正常化協議会 代表 大河原宗平

連絡先    携帯 090-4725-9006

E-メール  hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

FAX    (設定中)

が(群馬県高崎市で)書いています。

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 長野県 防災ヘリ墜落事故の早期真相解明を望む
  • 防犯標語でお寿司屋さんが大迷惑
  • 皆さん 振り込め詐欺被害に遭わないでください
  • この日本から 「国」が消えた。
  • この顔は どんな顔に見えますか?
  • 国民の信頼回復を目指した筈の「警察改革」が 全くなっていない
  • 警察がマスメディアに公開した文書を国民に公開して何が悪いのだ。 
  • 群馬県警も大変なことになった「群馬県警部補を強盗事件で指名手配」
  • やるね 群馬県警 警部補
カテゴリー
  • ライブドアブログ