警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

2016年03月

横行する警察による「でっち上げ公務執行妨害逮捕」に違法判決(産経新聞記事)

横行する警察による「でっち上げ公務執行妨害逮捕」に違法判決

 

「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  71-3

警視庁築地警察署による「公務執行妨害でっち上げ逮捕・勾留事件」を裁判所が一審地方裁判所段階であるが「違法だ」と認定した。

この「警察によるでっち上げ公務執行妨害現行犯逮捕」は、「転び公妨」の名のほうが有名だが、この事件は、警察官は転んでいない。「ありもしない暴行」をでっち上げたのだ。

この種事件は全国で多数発生しているが、裁判所が「警察が違法だ」と認定することは稀であり警察による違法逮捕で泣いている全国の仲間に大きな光を当てた。被告(本来の被告は東京都であるが、裁判の実際は「警視庁」が対応)は、無意味な「控訴」をしないで、早期に判決を確定させて被害者を裁判の苦痛から解放してもらいたい。

では、見つけた報道記事を新聞社ごとに書き分けてみたい。

どうか拡散して多くの被害者、また「明日は我が身」の危険にさらされている国民(国政に抗議する集会等参加者している方々)に周知してもらいたい。

 

と同時に「警察官の言うことを聞かないから逮捕してしまえ」などと従来の警察的な考えをしている「現場の警察官共」に「現行犯逮捕権の厳格、適正な運用」を促したい。

 

次に、2016年(H28年)3月19日(土)付け 産経新聞28面から

 産経新聞記事

暴行していないのに傷害容疑19日間勾留

 

                                    

 

「地裁が違法捜査認定  都に240万円賠償命令」

警視庁の警察官による交通違反取締まりに抗議したところ、容疑を捏造(ねつぞう)され不当に逮捕・勾留されたとして、東京都新宿区の飲食店経営、二本松進さん(67)が都などに計約900万円の賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。松村徹裁判長は「逮捕・勾留は違法捜査だった」と認定し、都に240万円の支払いを命じた。判決などによると、二本松さんは平成19年、妻の運転する車で築地市場を訪れ、駐車禁止エリアに約20秒間駐車。警視庁築地署の女性警察官二人が取り締まりを行おうとした。二本松さんが「車内には妻がおり、すぐ発車できる。他にも放置車両がたくさんある」と抗議すると、女性警察官は「暴行を受けた」と無線で応援を呼び、二本松さんは公務執行妨害の現行犯で逮捕された。その後、公務執行妨害と傷害の容疑で19日間勾留され、不起訴(起訴猶予)となった。松村裁判長は「警察官の供述には変遷や齟齬(そご)がある。目撃者4人も『暴行はなかった』と証言している。暴行があったと認定できない」とした。

<ここまで産経新聞記事>

この記事は 誰が読んでも分かり易い記事ですね。産経新聞は、読み易かった。ここまで詳しく判決文に入っているのだろうか??

 

 

あっ! まだ記事がありました。

 

産経ニュース

です。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=8&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwi4s7z5v8_LAhWDX5QKHeWoBksQFghDMAc&url=http%3A%2F%2Fwww.sankei.com%2Faffairs%2Fnews%2F160318%2Fafr1603180030-n1.html&usg=AFQjCNEGBIOPR1jyTjOauwsO4uFBXCbG0A

ニュース 事件

2016.3.18 17:08更新


交通違反取り締まりで「警察官の違法捜査」認定 都に240万円賠償命令 東京地裁

PR

 警視庁の警察官による交通違反取り締まりに抗議したところ、容疑を捏造(ねつぞう)され不当に逮捕・勾留されたとして、東京都新宿区の飲食店経 営、二本松進さん(67)が都などに計約900万円の賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。松村徹裁判長は「逮捕・勾留は違法捜査だった」 と認定し、都に240万円の支払いを命じた。

 判決などによると、二本松さんは平成19年、妻の運転する車で食材仕入れのために築地市場を 訪れ、駐車禁止エリアに約20秒間駐車。警視庁築地署の女性警察官2人が取り締まりを行おうとした。二本松さんが「車内には妻がおり、すぐ発車できる。他 にも放置車両がたくさんある」と抗議すると、女性警察官は「暴行を受けた」と無線で応援を呼び、二本松さんは公務執行妨害の現行犯で逮捕。その後、公務執 行妨害と傷害の容疑で19日間勾留され、最終的に不起訴(起訴猶予)となった。

 松村裁判長は「暴行を受けたとする警察官の供述には変遷や齟齬がある。目撃者4人も『暴行はなかった』と証言している。暴行があったと認定できない」とし、「逮捕や勾留は違法だった」とした。

 判決後に東京都内で会見した二本松さんは「反論された女性警察官はかっとして、暴行をでっちあげたのだと思う。小さい事件だが、証拠を捏造してでもメンツを守ろうとする捜査当局の姿勢が現れた事件だ。公務員は適切に業務を果たしてほしい」と話した。


横行する警察による「でっち上げ公務執行妨害逮捕」に違法判決(朝日新聞記事)

横行する警察による「でっち上げ公務執行妨害逮捕」に違法判決

 

「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  71-2


警視庁築地警察署による「公務執行妨害でっち上げ逮捕・勾留事件」を裁判所が一審地方裁判所段階であるが「違法だ」と認定した。

この「警察によるでっち上げ公務執行妨害現行犯逮捕」は、「転び公妨」の名のほうが有名だが、この事件は、警察官は転んでいない。「ありもしない暴行」をでっち上げたのだ。

この種事件は全国で多数発生しているが、裁判所が「警察が違法だ」と認定することは稀であり警察による違法逮捕で泣いている全国の仲間に大きな光を当てた。被告(本来の被告は東京都であるが、裁判の実際は「警視庁」が対応)は、無意味な「控訴」をしないで、早期に判決を確定させて被害者を裁判の苦痛から解放してもらいたい。

では、見つけた報道記事を新聞社ごとに書き分けてみたい。

どうか拡散して多くの被害者、また「明日は我が身」の危険にさらされている国民(国政に抗議する集会等参加者している方々)に周知してもらいたい。

 

と同時に「警察官の言うことを聞かないから逮捕してしまえ」などと従来の警察的な考えをしている「現場の警察官共」に「現行犯逮捕権の厳格、適正な運用」を促したい。

 

では先ず、2016年(H28年)3月19日(土)付け 朝日新聞39面から

朝日新聞記事

「逮捕は違法」都に賠償命令 東京地裁「警官への暴行なかった」

交通取り締まり中の警察官に暴行したとして現行犯逮捕された会社経営の男性(67)が「暴行は警察官のでっちあげで、不当逮捕だ」として約910万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は18日、東京都に240万円の支払いを命じる判決を言い渡した。松村徹裁判長は「暴行はなく逮捕は違法だ」と述べた。判決によると、男性は2007年10月、東京都中央区の路上で警視庁築地署の女性警察官二人と言い争いになり、一人をひじで小突き、車のドアに警官の手をはさんだとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。男性は19日間身柄を拘束されたが、不起訴になった。判決は、警察官が訴えた暴行は「体勢などが不自然で考えにくい」と指摘。警察官の説明に「変遷や食い違いがある」として、暴行はなかったと結論づけた。判決について警視庁は「主張が認められず残念。判決内容を検討して対応を決める」とするコメントを出した。

<ここまで朝日新聞記事>


何だよ、朝日新聞は警視庁にはコメントを求めたのに被害者である原告のコメントを載せないのか。


次回以降の投稿予定は 五十音順に「産経新聞」 「東京新聞」 「日本経済新聞」 「毎日新聞」 「読売新聞」 の予定です。 時事通信が取材していたので地方紙も掲載していると思いますが、調べる手段がないので悪しからず・・・  しかし、私が確認できる 「群馬の上毛新聞」には載ってないようだ。それもその筈。私・大河原宗平に対する 群馬県警のでっち上げ逮捕を 大々的に報道しておきながら、反論している 私・大河原宗平に対する取材ができない 上毛新聞 なのだから・・・ 


ようやく でっち上げ公務執行妨害 現行犯逮捕 で 賠償責任判決

徐々に裁判官が 正当な判断能力をつけてきた感じがする。

「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  71-1

本日(2016年3月18日)の 原告勝訴判決につき 取り急ぎ NHKネットニュース(動画付き)で紹介しておきます。なお、動画は NHK NEWS WEB 20016年3月18日 17時27分」で検索いただけば 動画がご覧になれると思います。
二本松判決 記者会見 1


 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160318/k10010448391000.html


NHKニュース

2016年(平成28年)318日[金曜日]

警察官の証言は不自然


逮捕は違法 都に賠償命令


318 1727

警察官の証言は不自然 逮捕は違法 都に賠償命令

路上駐車の取締りの際に警察官と口論になり、公務執行妨害の疑いで逮捕された男性が起こした裁判で、東京地方裁判所は「警察官の証言は不自然で、容疑を裏付ける証拠がない」として逮捕は違法だったと認め、東京都に240万円の支払いを命じました。

東京・新宿区の会社経営者、二本松進さん(67)は9年前、東京・中央区で路上駐車の取締りを巡って警察官と口論になり、暴行したとして、公務執行妨害の 疑いで逮捕され、その後、起訴猶予になりました。二本松さんは「暴力をふるった事実はなく、不当な逮捕だった」として、東京都などに賠償を求める裁判を起 こしました。
18日の判決で、東京地方裁判所の松村徹裁判長は「現場にいた2人の警察官の証言は不自然で説明がつかない。目撃者の証言など容疑を裏付ける証拠がない以上、暴行があったとは言えない」として、逮捕は違法だったと認め、東京都に240万円の支払いを命じました。
判決のあと、二本松さんは「非常にうれしいです。捜査当局に自浄作用は期待できないのでチェックする第三者機関が必要だと思います」と話していました。
一方、警視庁は「主張が認められなかったことは残念で、判決を検討したうえで対応を決めたい」とコメントしています。



=時事通信も書いていた=

 

違法逮捕で240万円賠償命令

=警察官への暴行否定―  東京地裁

時事通信社 2016318 1645 (2016318 1959分 更新)

http://s.eximg.jp/exnews/logo/jiji.gif

 駐車違反の取り締まりを行っていた女性警察官に暴行を加えたとして公務執行妨害容疑などで現行犯逮捕され、起訴猶予となったすし店経営二本松進さん(67)が、東京都と国に計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(松村徹裁判長)は18日、暴行は認められず逮捕は違法と判断し、都に240万円の支払いを命じた。

 松村裁判長は、女性警察官らの供述調書について、「看過できない変遷や食い違い、不自然な部分を多く含んでいる」と指摘。「暴行を受けたとの認識は漠然としたものに過ぎなかったのに逮捕した」と述べた。

 判決によると、二本松さんは2007年10月、東京都中央区の築地市場近くの路上で、女性警察官に暴行したとして逮捕された。2週間余り拘束されたが、起訴猶予となった。

 警視庁の話 主張が認められず残念。判決内容を検討した上で対応を決める。

裁判官も 人間に近くなってきたのだろうか? 

 

だんだん 裁判所(裁判官)も 人間に近くなってきたのだろうか? 


「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  70

また無罪判決が出た。 

検察は当然 控訴して 有罪を 争うのだろうが 一審裁判官は 勇気があった。

無罪は無罪  当然だ

冤罪は裁判官の犯罪だ

裁判官は勇気をもって 無罪判決をだせ・・・

 宣伝カー(2)

覚醒剤「尿すり替えた疑い」と無罪

 判決「捜査ずさん」

坂本進

20163161329

 覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた東京都町田市の男性(47)に対し、東京地裁立川支部(深野英一裁判官)は16日、無罪(求刑懲役2年)とする判決を言い渡した。

 同支部は、男性の尿から覚醒剤の陽性反応が出たとする警視庁作成の鑑定書を証拠採用しなかった。判決は「男性の尿が何者かにすり替えられるなどして、別人の尿が鑑定された疑いが否定できない」と指摘。警視庁の捜査を「極めてずさんで、信用できない」と厳しく批判した。

 裁判では、捜査で採取された尿を保管していたポリ容器の封に、本来あるはずの男性の署名と指印がなかったことが明らかになった。判決は、捜査を いったん放置していた町田署の警察官が再び捜査を進めることになり、「被告の尿が見当たらず、証拠を紛失したことを取り繕うため、警察内部の何者かが白地 の封がされた尿入りの容器を作った可能性がある」と指摘した。

 判決はさらに、尿を採取する際に作られる捜索差し押さえ調書についても「虚偽の内容で、つじつま合わせで作られた可能性がある。重大な違法証拠だ」と言及。「捜査の基本さえおざなりにされた、信頼性が低い捜査だ」と非難した。

 男性は昨年3月上旬から25日までの間に、若干量の覚醒剤を使ったとして同年5月に逮捕され、6月に起訴された。捜査段階から一貫して否認していた。

 男性の弁護人は判決後、「検察は控訴せず、『尿のすり替え』という重大な不正行為について、過去にさかのぼって徹底的に調査すべきだ」と話した。

 警視庁は「調査の結果、尿を取り違えた事実は確認できなかった。本事案を重く受け止め、捜査員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」、東京地検立川支部は「判決内容を精査し、今後の対応を検討したい」とのコメントを出した。(坂本進)

清原問題で 更に 強化された 警察による報道統制

やり過ぎじゃないの? 警視庁

 

 「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  69


清原和博 まもなく保釈!

警視庁を通じてコメントを出す!

保釈金500万円で保釈を認める決定!

身元引受人は?

逮捕後の現在の最新情報は?

 youtube

 

という動画がネット上に あるようだ。

我が KSK(警察正常化協議会:警正協)は ネットの会員登録をしていないので動画は見られませんが それにしても 捕まえていた側の 警視庁が 捕まっていた 被疑者の コメント伝達サービスするとは 驚きだ。


本当にこんなことがあるの???だろうか???

マスコミの威厳は どこへ行ったのだろうか?

記事が欲しければ 警察にも 跪いてしまうのだろうか?

 

清原逮捕から 保釈までの記事を 警視庁発表に頼りきっていたマスごみ(マスコミ)を 完全に 手の内に入れた 警視庁。

 

逆に言えば これほどまでに警察が マスコミの手先となっていいのだろうか 大変な疑問だ。

 

 

重複するが 警視庁に 犯人として捕まっていた者(清原)の コメントを 捕まえていた側の 「捜査機関」である 「警視庁」が 清原本人に代わって マスコミに コメントを伝える??

 

これは警視庁も やり過ぎじゃないの・・・


ネット所には 沢山の記事がありますが とりあえず この記事をお借りして貼り付けます。

 



 「警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  69

清原和博被告 コメント全文

サンケイスポーツ 317()2042分配信

清原和博被告 コメント全文

 

報道陣が待ち構える中、保釈された清原和博被告を乗せた車両=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)(写真:サンケイスポーツ)

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴された元プロ野球選手、清原和博被告(48)が17日、午後6時52分ごろ、勾留先の警視庁本部から保釈された。

 清原被告は保釈前に
警視庁を通じて書面でコメントを発表した。

 以下コメント全文。

 皆様へ

 この度は、私の犯した罪により、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。

 本来であれば、保釈された直後にも、皆様の面前でお詫びを申し上げたいと考えておりました。

 しかし、警視庁から、周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにとご指導をいただきました。

 そのため、周辺道路の交通妨害とならないよう、警視庁内から直接自動車で目的地へ向かいますが、持病の糖尿病等の検査・治療のためしばらく入院させていただく予定であり、皆様に謝罪するための特別な機会を設けることができないことを、ご理解いただければ幸いです。

 今は、皆様を裏切ってしまったことを深く後悔することとともに、これまで応援してくださった皆様のお気持ちに報いるためにも、一から出直し、必ず更生することを決意しています。
 必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております。
 いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています。
 2016年3月17日 清原和博


警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • やはり裁判が おかしい
  • 実名報道される警察官(2)
  • マスコミが「調査報道」を放棄したことを証明するかのような記事
  • 千葉椋太さん 警察官の犯罪も捕まえてください
  • 警察による「隠れ取締り」の現場に関する情報が寄せられました。
  • 実名報道される警察官(1)
  • 実名報道される警察官(1)
  • 軽井沢スキーバス転落大事故一周年の現場で見た違和感
  • 軽井沢スキーバス転落大事故一周年の現場で見た違和感
カテゴリー
  • ライブドアブログ