警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

100万円の札束は重かった

100万円の札束は重かった


警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  129


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170827-00000008-jnn-soci

 

「警視庁丸の内警察署の警察官が 落とし物(拾い物)として届けられた現金を着服した」との報道に触れて ある体験を想い出した。

紹介してみます。

 

私がかつて(左遷されて)経験した交番勤務での体験です。

 

交番に別の警察官と2人で勤務していると ご年配の男性が 慌てた表情でドアを開けて入ってきた。

要件を訪ねる間もなく 

「車に置いた100万円の札束が盗まれた」

と届け出ました。

 

「100万円もの大金が盗まれたとは大変な事件だ」と直感、事情を聴いてみると

 

  つい先ほど 金融機関で 200万円(札束2つ)を下して 100万円だけ別の銀行の口座に移すために銀行に立ち寄った。残りの100万円を持って行くのは危険なので 乗用車の助手席の背もたれの後ろにあるポケットに隠して カギは確実にかけて行った。

銀行の預け入れが済んで車内に戻って100万円の札束を取ろうとしたら無いのだ。盗まれてしまった。

 

という届出。

 

早速 乗用車のカギが壊されたか、ドアを無理やりこじ開けられているのか 

外見を確認した。乗用車に損傷は見られない。

 

00万円もの高額の盗難事件だ。

交番だけで被害届を受理して処理を終了しては刑事課に叱られるのが警察だ。

 

「多額窃盗事件」として「組織捜査」が求められる。早速刑事課に通報。応対した課員は

「今別の事件で鑑識係が出ているからそちら(交番)で処理してください。」と消極的だ。

 

刑事課の一課員で判断できる対応ではないことは十分わかっている。しかし、それでも許されるのが警察の適当なところだ。

「人の被害など警察が真剣に取り扱う組織ではないこと」は私も十分に知っている。

 

「犯人の検挙」なら 人の取扱いでも横取りしたいくらいの汚い根性が「警察官」だ。 話が横道にそれるが 私が新米で勤務した前橋警察署の 刑事課(当時は捜査一課と言っていた)で 「あの刑事は泥棒刑事だ」と呼ばれていた刑事がいたことを想い出した。他の刑事が犯人の割り出しをすると その証拠資料を割り出した刑事の机から盗み取って自分の手柄にしてしまう。と指摘されていた刑事がいたということです。

 

話を戻して 刑事課の課員が「そちら(交番)で処理してください。」と言うなら 後々問題のないように「指紋検出」の鑑識作業を徹底しておかなくてはならない。私は鑑識の経験はある。では「徹底してやっておこう」と考え、私が屋外で自動車の見分を担当し、あと一人の警察官に交番の中で「被害届」の書類受理を担当してもらうことにした。

 

私の指紋が付かないように配意しながら自動車外部の指紋検出を念入りに行う。指紋らしきは見られない。

 

いよいよ 座席シートに指紋検出の粉末をたたきつける。
レザーシートには指紋検出の粉末は一面に付着してしまい指紋は判明できない。

 

仕方なく 次に入れておいたというポケットの内側に粉末をたたこうとゴムバンドになっている上部に手をかけてポケット内を伺った。

 

帯封のついた100万円の札束が入っているではないか・・・

 

早速交番内に駆け込んで届出人に「100万円はこれですか?」と話しかける。

 

「そうだ。そうだ。どこにあった?」という。

 

ポケットの入り口(比較的上部)に挟んで置いたつもりが 「100万円の札束の重みで底部に落下していた」と言う結論だ。

 

慌てるときはこんなものですね。「良かった。良かった。」

 

被害届の作成は途中で中止。指紋検出でたたいた粉末をふき取って 笑って「誤届事案」は終了。

 

安心した届人の安堵の笑顔の雰囲気が今でも忘れられない(どのお方だったか本人を特定できる記憶は全く持っていない)。

 

警察官や警察職員による泥棒不祥事のニュースに触れるたびに ここで紹介の「100万円の盗難誤届事案」を想い出す。 もしもあの時 私の気持ちに邪な気持が起きていたら今はどんな気持ちでいるのだろうか? と背筋が寒くなる。

 

あの時の あの現場を思い起こせば 交番の庭の屋外に居るのは私だけ。被害者(届人)と相勤の警察官は交番の屋内。100万円の札束は厚いが鑑識機材のカバンなら十分に隠せる。

 

こんな邪な考えを持たない自分が嬉しかった。

 

この教えはあるお寺で座禅をした時 そこのお坊さんの法話が大きく影響している。

「(どんな良いことも 悪いことでも)他人が見ていなくても もう一人の自分が見ているのだ。人が見ているからとか 見ていないからとかで 行動が変わってはいけない。」

と教えていただいた事が 私の心の大きな支えになっていることに疑いはない。

 

最後に「警察」と呼ばれる組織に勤務する人に 「邪な気持を起こさないでくれ」と言いたい。

 

以上が「100万円の札束は重かった」の雑感でした。

馬鹿な警察官のおかげで 善良な国民が大変な迷惑を受ける事件が起こっています

馬鹿な警察官のおかげで 善良な国民が大変な迷惑を受ける事件が起こっています

 


警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  128


我が国では

 

 アジア初のラグビーワールドカップが2019年に開催されることを記念して、   国土交通省が、平成29年4月3日から 自動車の運行ナンバーの「特別仕様ナンバープレート」を交付している。(添付の「国土交通省ホームページ・広報」のとおりだ。)


http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000068.html


特記すべきは簡単に言うと

   「ナンバープレートに絵柄がプリントされている点」、

   「普通車の営業ナンバーの緑地が 白地に緑枠になっている点」、

   「軽自動車ナンバーの黄色地が白地になっている点」

だろうか?

 

そこで特に大きな問題が生じているのが ③で特記した軽自動車の場合だ。

軽自動車には後ろのナンバーに封印がない。

 

そこで 馬鹿なお廻り(お馬鹿な警察官)は、

「軽自動車なのに(後部ナンバー)に(普通自動車ナンバーの)

白地ナンバーを付けていて 封印もないから「盗難車だ」

と勝手に決めつけて 善良な市民に 高圧的な停止を求め 職務質問をしている事件が 多発している模様だ。

 

こんなお馬鹿な警察官が 国民の税金で雇われていると思うと 情けなくなる。

 

本年(平成29・2017年)8月12日は 群馬県の山中には日航ジャンボ機が墜落してから32年目を迎えた。

 

昭和60年8月12日、日航機の行方不明が発覚した当時の群馬県警察官は「(大事件が発生しているから)家に帰れなくなるから帰るべ~」といって 大事件を無視して職務を放棄して帰ってしまった警察官が3人いる。松本・清水・福田の3人だ。この3人は、今・何処で・何をしている のだろうか?

 

警察組織とは こんな お馬鹿な組織なのです。

 

開かれた裁判所 の 実現に向けて

なぜ裁判の傍聴ができないの? モニターテレビで放映しないの?

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  127


警正協(警察正常化協議会 =KSK=)に 素朴な「質疑・御意見」が寄せられ 代表の 大河原宗平は 「ハッ」と 冷や汗をかいてしまいました。

 

この情報を寄せた方の感性は素晴らしい。

こんな単純な疑問に 私(警正協 代表 大河原宗平)は 意見を述べていなかったのだろうか(謝り)。

 

そこで この単純かつ重大な「質疑・御意見」に 真正面から向き合い 記事として 残そうと 真剣に 取り組むこととしました。

 

読者の皆様方からも 更なる貴重なご意見を お寄せいただきたく 期待いたします。

 

そこで 寄せられた「質疑・御意見」とは

 「公開の筈な 裁判の報道の在り方が おかしい。なぜ法廷を 動画で公開しないのだろうか?」 と いうもの、だった。

 

<要旨>

 それは 単純に

「警察が誰々を逮捕した」 とか 「その容疑者を送検した」 などは

時系列で テレビに顔出しで 放映させるくせに その結果を決める 

裁判での 法廷での経過や結果が なぜ 放映されないのだろうか?」

という 疑問でした。

 

<経過>

 日本国憲法 第37条では

   「すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁を受ける権利        を有する。(以下この条の部分省略)」

と明文化している。

 ある事件の刑事裁判を 傍聴しようと裁判所に出向いた本件御意見寄稿者は 裁判所前庭での長蛇に 物々しさを感じつつ 指定の法廷前に進んだそうだ。

 

ところが 物々しく「裁判所」との腕章をつけた荒々しい男性らから「傍聴券をお持ちですか?」との声をかけられた そうだ。

 

何の意味か分からない 寄稿者は 「裁判を傍聴に来ました」

 

職員 「玄関前で傍聴券のくじ引きをしているので 傍聴券を求めてください」

寄稿者 「裁判の傍聴は 自由な筈では?」

職員  「傍聴券がないと 傍聴席には 入れません。」

寄稿者 (傍聴席を覗いてみる。)「傍聴席には 誰もいないじゃないですか?」

職員  「玄関前で 抽選をしていますから 抽選の列に並んでください。」

寄稿者 「???(裁判所職員の言っている意味が理解できない)」

 

寄稿者 「裁判所玄関前に行ってみると、先程の長蛇はなくなっている。(抽選

     が終わったのだそうだ。)」

 

<結果>

 この寄稿者は わざわざ裁判所まで出かけても傍聴席に入れない(裁判の傍聴ができない)という予想外の結果に 「公開の筈の裁判が傍聴できない という この国の裁判所の在り方に不満いっぱい」で帰宅したそうだ。

 

<考察・結論>

そういえば 裁判を傍聴することに慣れっこになっている 諸氏には 「傍聴券事件」などと騒がれて「大きな裁判だ とか 有名裁判だ」などと 何の問題意識も持たないで 納得・満足している傾向がある。

 

この寄稿者は 「傍聴席に入れないのなら 別室に モニターテレビを置いて法廷の状況を 見さ

せてくれればいいのに」と単純なご意見を述べている。

 

当然すぎる御意見に 「ぐうの音も出ない」ところだ。

 

そこで思い出すのが こうした 「傍聴券裁判」では 必ず傍聴席の前席

に「記者席」とプリントされた背もたれが被せられた席が沢山用意されている。

それなのに「傍聴券抽選」の長蛇にも マスコミ関係者が多数並び 加えて同

一報道機関の関係者が複数人並び複数枚の傍聴券を確保して 一般傍聴者の傍

聴を妨害をしているのが現状だ。

 

報道を武器にする マスコミ関係者こそ 「別室でのモニター傍聴」の実現を話題に取り上げて 裁判所を動かすような報道をしたらどうだ・・・というのが 本寄稿への 問題解決策だというのが『結論』であります。

 

傍聴席が足りない裁判は 刑事事件に限らず 当然に 「民事裁判」も同様であります。

開かれた裁判所の実現に 裁判所の努力を促したいところです。                        

以上


森田義男著 裁判所の大堕落



警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  •  警正協  定例会開催のお知らせ(平成29年11月定例会)
  • 高速隊の「交通事故捜査 怠慢」の苦情 (九州地方 発)
  • 田中圭一郎 首席監察官のコメント特集
  • 首席監察官は神様ではない。 普通に採用された警察官だ。
  • 緊急告知  架空訴訟ハガキにご注意を
  • 実名報道される警察官(4 更新)
  • 警察と検察のお仲間意識は 断ち切らなければいけない
  • 実名報道される警察官(3)
  • 隠れ取締情報 =宮崎県より=
カテゴリー
  • ライブドアブログ