警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

万引を犯罪で処理するのは無理がある

万引きは病気なのだ 

警察が窃盗罪で犯罪処理するには無理がある

 

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  49


私は 現職警察官当時の ある時期 万引き犯を 取り調べていて 

あれ~ 万引は犯罪じゃないぞ 


病的な現象だ 


犯罪者として処理するのは間違いだ


と考えるようになっていた  勿論 今もそうなのだ

しかし 警察官の職を剥奪された私は 警察・検察・裁判所 が大っ嫌いである 私がそのような意見を このような組織に具申することがないことは当然である

だから 個人的な講演等で発言するにとどまっていた

 

ところが たまたま 以下のような 記事を見つけた

奈良県の弁護士が中心となっているようであるが 「窃盗症」の治療をしている病院が 群馬県内にあったということだ

身近な話だ・・・

その 報道記事を転記するだけで長文になってしまうので 私の意見を縷々述べることは 止めることとするが どうか この「万引きの繰り返し」問題で 悩んでいるご家族の方々 関係の方々 どうか本人が 早く立ち直れるためにも 私も何とか力になりたいと考えます

 警察の「犯罪検挙件数 至上主義」では 「犯罪の抑止」も「当事者の立ち直り」もできません

 

 「警察正常化協議会」を立ち上げ 自ら代表として 実名・携帯・メールアドレスを公開している 私に相談してみてください

http://keiseikyo.blog.jp/



勿論 私に対する相談は 「無料」であることは当然です

費用のことは 全く心配ありません 

 

 

ここから本文です≪以下に 報道記事を転記してみます≫


衝動で万引繰り返す病気「クレプトマニア」



   患者の多くは女性 



 奈良で治療支援団体発足



産経新聞 110()1135分配信 (2016年 平成28年)

衝動で万引繰り返す病気「クレプトマニア」 患者の多くは女性 奈良で治療支援団体発足

 

窃盗症の治療支援に尽力する松井大輔弁護士=奈良市(写真:産経新聞)

 「盗みたくないのに、スイッチが入って盗んでしまう」-。経済的な理由などでなく、衝動を抑えきれずに万引を繰り返す病気「窃盗症(クレプトマニ ア)」。再犯率も高いが、県内には専門的な治療を行う施設などはなかった。そうした中、昨年12月、弁護士らが県内唯一の支援団体「KAなら」を発足させ た。病気という側面を認識した上での再犯防止に向けた取り組みを進めている。(山崎成葉)

盗品価格は数千円以内、患者の多くは女性

 平成27年版犯罪白書によると、窃盗罪の再犯率は覚せい剤取締法違反に次いで高い。22年の出所者(9855人)の5年以内の再犯率(26年)は46・ 1%(4542人)と、半数近くにも上り、捜査関係者が「癖(へき)」とも表現するほど。だが、「窃盗症」の治療など行う支援施設は全国的にも少なく、先 進的な治療を行っている「赤城高原ホスピタル」(群馬県渋川市)では20年以降、1370人が受診している。

 患者には女性が多いといい、摂食障害(過食症、拒食症)など、他の病気と併発する傾向が高い。同院でも、摂食障害での入院患者の約半数に万引した経験があったが、盗品の価格はほとんど数千円以内だったという。

 経済的な理由や、所持する目的さえないのに盗みを繰り返す特徴がある窃盗症は、精神的ショックや生活上の変化などが引き金となり発症するケースが多いと いう。同院での治療の核は、自助グループでのミーティング。再犯したら報告し返金、罰金を科すという誓約書を作成するほか、物品のため込みがないかを チェックしたり、窃盗犯の裁判を傍聴させたりする。病気に向き合うことで、「回復」が期待できるのだという。

批判はしない「言いっぱなし」が原則

 専門的な治療を行う施設や支援団体がなかった奈良県内では昨年12月、法テラス奈良法律事務所の松井大輔弁護士(33)らが、当事者と家族、弁護士ら支 援者でつくる支援団体「KAなら(クレプトマニアクス・アノニマス)」を発足。同月上旬、当事者の30代~60代の男女5人を含む計約10人で最初のミー ティングを開いた。

 代表も務める松井弁護士には、仕事で窃盗症患者とみられる被告人と接した経験があった。「盗みたくないのに、衝動に支配されて盗んでしまう」などと打ち明ける様子が「本当に苦しそうで、つらさがひしひしと伝わってきた」と話す。

 窃盗症などの依存症の治療には、批判はしない言いっぱなしが原則のミーティングが有効とされる。同会でもそうした会を、週1回、1時間半ほど開催。 参加資格は16歳以上で、匿名も可能で、今後は、当事者だけで解決できない課題を家族や支援者で共有し、法律相談などにも応じる方針だ。

 松井弁護士は「互いに体験談を話し、共有することで、それぞれの問題解決につながっていけば」と期待する。

短期間での治癒難しく

 窃盗罪には、10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。だが、執行猶予期間中に再犯を繰り返す窃盗症患者は多く、松井弁護士は「病気なので、刑事的処罰だけでは解決されないのではないか」と指摘する。

 近年は執行猶予中に万引で逮捕され、地裁で実刑が言い渡された事件の控訴審で、執行猶予付き判決になった事例もあるという。松井弁護士は「病気という性質を考慮しての司法判断が、徐々に見受けられるようになってきた」と話す。

 短期間での治癒は難しいのが依存症の治療で、患者は長期間の治療を継続することが必須となる。だが、赤城高原ホスピタルでは、患者の約7割が3カ月以内 に治療を止めてしまうといい、竹村道夫院長は「唯一確実に治療を受けられるのは、刑事裁判の進行中」と指摘。改正刑法で薬物使用者を対象に導入が決まった 「刑の一部の執行猶予制度」を挙げ、「窃盗症患者にも同様の制度があれば」と話した。

ここから本文です≪以上 報道記事転記 終了≫

 

 

交通事故死が15年ぶりに増加に転じた ??

交通事故死が15年ぶりに増加に転じた ??



警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  48




2015年 1年間の全国での 交通事故死が15年ぶりに増加に転じたようである

 

これは 統計のための統計が その数字を出しているだけなのであるが・・・

 

交通事故での死傷事件は 加害者も 被害者も 「みんな 被害者」だ

突然に「加害者」になり 突然に「被害者」になるのだ

その一瞬で 今後の人生が大きく変わってきてしまう

 

死傷事件を伴わない 「物損事故・物件事故」でも 示談交渉等で 人間関係を大きく破壊する

これも 両当事者とも 「被害者」だ

 

交通事故のない 社会を望みたい

 

交通事故の絶無は 個人の生命・身体、財産の保護を その「任務・職務」とする警察にとっては 基本中の基本といえる お仕事だろう

 

ところが 当の警察は 新3K 「K汚い・K隠れた・K交通取締り」に ばかり徹しており 本来の目的と全くかけ離れた 他人事だ 

これでは 国民の理解など 得られるわけがない

 悲惨 警察前で死亡事故

「渋谷の DJポリス」だか 何だか知らないけど 「マスコミに祭り上げられた有頂天な 警察活動」では 治安維持はできないのだ

 

そんな「交通事故死 増加」が紙面で 話題化される中 私の地元 「群馬県警」では 2015年の交通事故死が 早々に 前年(2014年)を上回り 新聞紙面をにぎわしている

県警幹部も 頭が痛いところだと察する


加えて 元旦早々の 「ニューイヤー駅伝 先導白バイ 大失態」も あるし・・・


http://ookawara.doorblog.jp/archives/46443082.html

 


この「交通事故死」(交通事故によって死亡した)とカウントされる「統計上の数字」には まだ トリックがある

 

それは 交通事故発生から「24時間以内に死亡した方だけ が カウントされる」のである

 

と言うことは 「24時間00分以上 延命治療がなされれば」 交通事故死と カウントされないのだ

 

この情報化社会にあって 交通事故発生から数日間延命治療がされたが 残念にも 命を落とされた方も 「交通事故死」に カウントされるべきである

 

本当の数字 本当の意味での 交通事故の悲惨さを 国民にお伝えしてこそ 国民一丸となった 「交通事故抑止意識の向上」が可能になるのではないだろうか

現実に 医療機関までが 「24時間持たせれば (交通死亡事故にカウントしない)警察の要望と期待に応えられる」と知っているのだ

 

私自身 現場の状況から 生命に重大な危険があると認められる 交通事故を扱ってきて 医療機関に対して 「24時間(生命を)持たせてください 

=交通事故発生から 24時間以内の 死亡診断書を書かないでください=」と何度も お願いの電話をした経験があるから 明言できるのである

 

警察をはじめ 統計を発表する機関の数字には 「信じられないものが 沢山ある」ことを 強調させてもらいます



本人確認の 公文書は 「選挙公報」で OK

群馬県個人情報保護条例における 国民本人の「個人情報開示請求」の際に必要だとされる 「本人確認の公的な文書」はこれでOK  =マイナンバー不要=

警察正常化協議会 (警正協 けいせいきょう KSK  47

本人確認証明書はこれだ

 

その「公的文書」とは 「選挙公報」  これだった(写真参照)

その「選挙公報」とは
   
私が、平成27年4月26日に投票・開票された高崎市議会議員選挙に立候補した際に、私から高崎市選     挙管理委員会に原文を提出し、同選挙管理委員会が原文のまま搭載・発行し た「選挙公報」です 


これを群馬県庁職員に示したところ 以下にお名前を記載の「山本 勉(やまもと つとむ)さん」、「柳下 文孝(やぎした ふみた か)さん」、「堀越 崇(ほりこし たかし)さん」が、公文書開示担当課で 決裁権者だそうである「群馬県庁 県民センター所長の 大嶋 亘(おおしま  わたる)さん」に確認を取ったところ「この書類で 良いそうです」ということで 私を「本人確認する公文書」 として扱っていただけました。 

その文書は 写真では見難いでしょうから内容を記載してみます

 この「選挙公報」には、

    私の 「顔写真」

         「無所属」

         「おおかわら宗平 大河原そうへい」の名前を平仮名と漢字の組み合わせた文字

 が印刷されており、更に私分の指定枠には

        「納税者目線の市役所・市議会運営  

         1年1000万円以上が市民の税金から支払われる市議の給料を大幅カット

            1 学校給食の無料化

              2 住民票 印鑑証明も無料 

                3 安全・安心な街つくり」

       

       「選挙で投票しない人は 自分が納めた税金の使われ方を 放棄することです 

        必ず投票しましょう」

 とも印刷されています。


情報公開事務担当の県庁職員は、この「選挙公報」の私の枠、全体を査収して、

         「その他本人であることを証すると認める書類」

 であると認定しました。


当然といえば当然過ぎますが、何とかして、公文書を開示しない、という汚ない姿勢に変わりがないと実感するものであります。


なお、 同日(H28・1・5)、別件での 群馬県警察本部長に対する個人情報開示請求でも 群馬県警の情報公開担当の前橋市居住の星野貴子さん 高崎市正観寺町居住の武井正志さんも、この「選挙公報」で 

      「その他本人であることを証すると認める書類」

であると認定してくれました。

 

本日(H28・1・5)の関係者お名前

群馬県庁 堀越 崇(ほりこし たかし)さん

群馬県庁 柳下 文孝(やぎした ふみたか)さん =堀越 崇(ほりこし たかし)さんの上司だそうです=

群馬県議会事務局 総務課秘書室 秘書係 山本 勉(やまもと つとむ)さん=大々的な文書ミスをした方。税金10円分の無駄使い当事者=

 

群馬県警察本部 広報広聴課 星野 貴子(ほしの たかこ)さん

群馬県警察本部 広報広聴課 武井 正志(たけい まさし)さん =高崎市正観寺町にお住まいだと= 
(お断り 「武井 正志さん」の メモが見つかりました。)

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 警正協  定例会開催のお知らせ(平成30年1月定例会)
  • 警察の正常化 に 嬉しい激励が届きました
  • 2018年(平成30年)新春の一句
  • 田中圭一郎 首席監察官のコメント特集(Ⅱ)
  • 日馬富士事件で振り回される鳥取県警の裏に 何が見えますか ???
  • 「優しい警察官になりたい夢」は いつ崩れて行くのだろうか
  •  警正協  定例会開催のお知らせ(平成29年11月定例会)
  • 高速隊の「交通事故捜査 怠慢」の苦情 (九州地方 発)
  • 田中圭一郎 首席監察官のコメント特集(Ⅰ)
カテゴリー
  • ライブドアブログ