警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

カンパ御礼

この度 「ヤマナシケンの方から」 貴重なカンパを頂戴しました。

誠にありがとうございます。

個人情報の関することなので詳細は 記載しません。
「ヤマナシケンの方から」とのみ 記載させていただいきました。

近々(1~2カ月要すかも??)ちょっとした計画がありますので
まことにありがたいです。

ブログ面にて 御礼が伝われば幸いです。

簡単ですが 御礼の気持ちをここに表明いたします。

10月29日 記者会見に参列



覚せい剤の使用容疑で衝撃的な「無罪判決」が出た。

覚せい剤の使用容疑で衝撃的な「無罪判決」が出た。

 

衝撃の無罪!警官が被告に覚醒剤を飲ませ、自作自演か 

裁判所が断罪した冤罪捜査の全貌

https://dot.asahi.com/wa/photoarticle/2021032000031.html?page=1

 

2021.3.20 20:47週刊朝日

仰天の無罪判決を下した名古屋地裁(C)朝日新聞社

仰天の無罪判決を下した名古屋地裁(C)朝日新聞社

 警官に覚醒剤を飲ませた疑いがあると裁判所が逮捕・起訴された被告を無罪にするという衝撃の判決があった。

【写真】覚醒剤の恐さを訴えるスーパースターはこちら

 覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕されたY被告(45)に対して、319日に無罪判決を言い渡したのは、名古屋地裁。

 判決では「Y被告に採尿前に大量の水などを飲ませた際、秘密裡に警官が覚せい剤を混入させた疑いがある」と指摘し、警察の「自作自演」の冤罪である可能性まで示唆したのだ。

 判決文によると、事件は201911月、Y被告の交際相手などから「様子がおかしい」と愛知県警に連絡が入り、東海署が捜査に乗り出した。同年1113日にY被告は東海署に出頭し、採尿検査を受けたが、覚せい剤は検出されなかった。

 同年125日に東海署はY被告を逮捕した。強制捜査をしたが、覚せい剤、注射器などは発見されなかった。同日午後939分ころから、翌日未明の午前245分頃まで約5時間も、X警官らはY被告に2030杯のお茶、水を飲ませた。その後、Y被告は病院で強制採尿検査となり、覚せい剤反応が出たため、逮捕された。

 起訴されて裁判を受けることになったY被告に対し、名古屋地検は有罪だとして懲役36か月を求刑した。しかし、Y被告は採尿検査や取り調べ、捜査の違法性を訴え無罪を主張した。
 
 だが、裁判で違法捜査の実態が浮かび上がってきた。Y被告が逮捕された当日、お茶や水を大量に飲ませたことは、愛知県警の「被疑者取調べの高度化及び適正化推進要綱」に違反しかねないものだった。

 採尿のため、水分補給させる場合は未開封のペットボトルを被告人にあけさせて飲ませることになっている。しかし、X警官らは紙コップにお茶や水を入れて飲ませた。時には、Y被告の求めに応じて、砂糖をお茶や水に入れていたという。

 公判でY被告は「お茶の濃さが毎回違っていた。おかしいと思った。1度、すごく苦いことがあった。X警官に文句を言ったが、お茶の粉が溶けていないだけと言われた」と証言した。

 

押収された覚醒剤(事件とは関係ありません)(C)朝日新聞社

押収された覚醒剤(事件とは関係ありません)(C)朝日新聞社

一方、X警官は公判で「無理にお茶や水を飲ませていない」と主張した。

 裁判所は最終的に警察の捜査を断罪した。

X警官らは強制捜査で覚せい剤や注射器などを発見できなかった。Y被告を覚せい剤使用の罪により確実に有罪に持ち込むための決定的な証拠を獲得するために、採尿前に提供する飲料に覚せい剤を混入させる動機がないとはいえない」

5時間に渡って、2030杯のお茶や水を飲ませており、Y被告に気付かれずに秘密裡に覚せい剤を混入する機会がないとはいえない」

 採尿前に飲ませた飲料にX警官らが覚せい剤を混入させた可能性を強く示唆した。そして、X警官らが覚せい剤を入手する方法についてもこう言及した。

「薬物事件担当の警官においては、覚せい剤関係者との接点があったり、捜索差押の過程で覚せい剤に触れる機会がある。警察署で正規に保管されている覚せい剤を持ち出す以外の方法でも、入手できる」

 X警官や検察側の主張の大半を否定するという裁判所の珍しい判決だった。その背景には、X警官らの「不法行為」があった。

 X警官は逮捕後、Y被告に携帯電話を渡して、使用させていたことが明らかになった。知人にLINEでメッセージを送信させ、それが既読になっていたことで裏付けられた。

 Y被告が知らないはずの交際相手の女性の住所や部屋番号まで、X警官が教えたことも発覚した。

 また、X警官はY被告から「携帯電話のことを裁判で暴露するなどと言われて、脅された」とも主張。拘置所にいるY被告宛に1万円を2回、現金書留で差し入れたことも法廷で明らかになった。

 X警官は最初の証人尋問で現金の差し入れを否定したが、2度目の尋問では認めたため、裁判所はより強く不信感を抱いたようだ。判決では以下のように認定している。

Y被告の兄の名前を使って私印偽造罪に該当しかねない方法で、現金1万円が入った書留郵便を2度にわたり送付した」

 

X警官は現金送付を一旦は明確に否認する偽証をした」

X警官が現金送付という不当極まりない便宜供与をして、それを否認する偽証をした。証言は到底信用できない」

 そして、X警官ら愛知県警の捜査を裁判所は強く非難した。

「不正が行われた疑いを強く生じさせる」

「遵法精神が著しく鈍麻している」

 そして無罪判決を下した。元東京地検特捜部の検事、落合洋司弁護士はこう語る。

「私も名古屋地検にいた時、愛知県警の捜査が荒っぽいと感じました。ある事件で、簡単に発見される場所から覚せい剤が押収され、警官が置いたんじゃないかと疑われた。案の定、その事件は無罪になった。今回の場合、採尿前に5時間も紙コップで2030杯もお茶や水を飲ませたことは捜査でわかっていたはず。その時点で、検察は起訴をやめるべきだった。裁判所がここまで厳しい判決を書くというのは、普段から愛知県警の捜査をかなり疑っていると感じました」
(本誌取材班)
※週刊朝日オンライン限定記事

 

新鮮な 警察による「でっち上げ」事件 がまた明らかになった。

 

現職警察官32年の経験を持つ 私・大河原宗平にしてみたら「いつでもありだ」との感想だが 「よく裁判官の判決を勝ち取った。大した弁護だった。」というのが率直な感想だ。

 

覚せい剤ばかりではない。

交通事故の際の飲酒量の捏造「でっち上げ」もある。

 

交通事故の当事者が大怪我をして救急車で病院に搬送されてしまう。結果として「死亡した」などで 事故当時者の判断で呼気検査を受ける力のない身体なのに「血液が採取される」のである。

 

お断りしておくが「裁判官から強制令状(身体検査令状が必要)など当然に取っていない」のだ。

それでも「警察には運転者や必要と認める関係者の血液が試験管に入って取得」されている。

 

警察は事故原因を簡単な「飲酒運転だった。法定数値以上のアルコールが検出された。」との報道発表が常とう手段だ。

 

その裏にも出鱈目「でっち上げ」がある。

 

重体患者から警察がアルコール検査をする呼気が採れるはずがない。

何とかして血液を採って「アルコール検査」がしたい。

 

重体患者の措置をしている医師が採ってくれる筈がない。

 

その裏技とは、病院に駆けつけた警察官が重体患者の治療をしている際に血液を採るのだ。しかし生の「血液」は採りにくい。

治療のために切り剥がされた衣類などを秘かに持ち出して そこに付いている血液を試験管に入れるのだ。

 

当然にアルコール分など検出されるはずはない。しかし警察内部の「科学警察研究所(科捜研)」に持ち込まれた「血液状のもの」からは「数値の高いアルコールが検出」される。

 

これも警察がアルコールを付着させるのだ。

もっと言えば「何とかアルコール数値を高く出して欲しい」と警察官が科捜研職員に頼み込む」。

 

高濃度のアルコールが検出される。

 

もう10数年前に 群馬県警は 1週間に 3つの大事故を起こさせ(パトカーによる追跡)7人を殺したことがある。

 

いずれも原因は「アルコール・飲酒運転絡み」で片付けれれている。

 

「警察の追跡に違法性はない」と 事故発生から数日かけて周辺住民等の これに反する「目撃者や言動」を封じ込める工作を行う。

 

結果として「死人に口なし」で 簡単に片づけられている。

 

「警察の捜査活動に 信用性はない」というのが 事実だ。


https://www.youtube.com/watch?v=IPYmMZNQCb4&t=56s 


飲酒運転の呼気検査の「でっち上げ」も私のユーチューブ(YouTube)で紹介している。

記事は古くなりましたが 観てください。

 

死体写真を知人に転送。これが警察の現状だ。

死体写真を知人に転送。これが警察の現状だ。

 

衝撃的なニュースが報道された。

 

警察が取り扱った「死体の写真 を 知人女性に転送していた」ということのようだ。

 

しかし 警察内部に32年勤務した 私・大河原宗平としては それほど 驚いたニュースではない。

 

ここでは詳細は 省略するが 警察内部では 個人情報や捜査情報の取り扱いなどこのようなものだ。「個人情報を保護する」などという感覚すら持っていないのだ。

 

単刀直入に「警察が取り扱った個人情報は まず 家族・友人に伝わり そこから 先は 「クモ(蜘蛛)の巣状態」とか「放射線状態」とか言われるように「マルチ商法的」とかという表現で例えられる 模倣状態だ。

 

以前にもブログで書いていると思うが 私・大河原宗平が群馬県警本部の交通指導課に勤務していた(平成5年から同9年当時)群馬県警察の交通機動隊が扱っていた「オービス」に(名前は忘れたが)芸能人が引っ掛かったことがあった。

この「オービス担当の巡査部長だったか警部補の警察官」が その「オービスに写っていた写真」を 部分拡大したり 全体が分かる写真だったり 何通りにも 写真印刷して (ブロマイド帳と言っても過言ではない状態で)県警本部交通指導課に持ってきて見せびらかせていたことも事実だ。

 

昨今 「可搬式」とかいう 「移動オービス」が全国警察に配分されている。

ドライバーは「アッ (警察が居て)速度取締りしていた。だけど 停められなかったからセーフだったんだ。良かった。」なんて思ったことがある方が少なくないと思う。

そんな体験者に 既に呼び出しはがきが 届いている方も少なくないと思う。

 

「これがあなたの違反の写真です」なんて説明されて 自分の車と運転している自分が映っていて 測定された速度 や 測定日時 などが映っていた筈です。

その写真が 自分の違反の「証拠写真だ」と思うのは当然だが 標記のように「死体写真まで流出させる警察」ですから 「あなたの速度違反の写真」も どのように使われているか 想像もつかない状況で 使われている可能性が高いのです。

 

それからこんな写真もあった。

運転席に座ったドライバーの「スカートの奥に股間が映っている写真」だ。

勿論 覆いの下着部分が映っているものだが こんな写真も 見せびらかせていたのが 群馬県警の交通機動隊の オービス担当者だった。

 

彼は これらの写真を アルバムにしてあるのではないか? と思う次第である。

 

警察なんか全く信用できる組織ではない・・・

それでも 未だに「警察がそんなことをする筈がない」と警察を信じている方が多い。

そんな方も 「頼りにしていた警察が 頼りにできなかった」と気付いて初めて 「死体写真を知人に流出」という事実を信じてもらえるのではないか と思う次第である。

 

警察ばかりではなく検察・裁判所も同じではないかと推測するのは 私・大河原宗平だけだろうか???

 

政治家のモラルもないが 司法を取り扱う連中の認識もこの程度だ ということを認識しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

警察正常化協議会 代表 大河原宗平 からの書き込みでした・・・


なお この書き込みに関する報道記事には こんな記事があります。
https://www.fnn.jp/articles/-/156862

       警察官が女性遺体写真流出 知人女性に送信

関西テレビ
国内


警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • あなたは この 現金 7000円 何に使いますか 反則金で納めますか?
  • あなたは この 現金 7000円 何に使いますか 反則金で納めますか?
  • 隠れて 歩行者妨害違反 を取り締まるのなら 横断歩道を見えなくしている車両の取締りが先だろう
  • 隠れて 歩行者妨害違反 を取り締まるのなら 横断歩道を見えなくしている車両の取締りが先だろう
  • 2・16群馬県警冤罪事件に大きく関与した 荒木幸雄 元警視の自宅も発見
  • 2・16群馬県警冤罪事件に大きく関与した 荒木幸雄 元警視の自宅も発見
  • 2・16群馬県警冤罪事件に大きく関与した 荒木幸雄 元警視の自宅も発見
  • 群馬県警の 隠れ取締り専門の 悪徳警察官 工藤弘也 は どう思うのだろうか?
  • おい 山瀬俊貴 何かコメント無いかい??
カテゴリー
  • ライブドアブログ