警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

8572万円を補填した広島県警関係者の怒り(国民一律10万円支給で)



8572万円を補填した広島県警関係者の怒り(国民一律10万円支給で)

 

 

2020年4月21日 広島県知事湯崎英彦氏は 新型コロナウイルス対策に伴う 国の国民一律10万円給付策をめぐって「県職員が受け取る分は寄付してもらい 県の対策の財源に活用したい」(趣旨)の発言をした(との報道)。

 

これに対し「県職員の財産に手を突っ込む行為だ。(事湯崎英彦)知事の行為は乱暴だ」等の県職員らの反論を受け 翌日である本日(2020年4月22日) 前日の発言を事実上撤回した。

 https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20200422/4000007448.html

この県職員たる県庁職員の行動は 任命権者である県知事の意向を覆させた。

 

一方 この県職員の勇気と県知事の決断に 指をくわえて 面と向かって任命権者である県警本部長に 声を上げられず 陰に回ってヒソヒソ話で不満を言い合っているのが 同じ県職員たる身分を有する「広島県警の下級警察官たち」だそうだ。

 

その訳とは・・・

冒頭の「8572万円」という文字をご覧いただけば 一目瞭然。

説明の要を持たない 広島県警・広島中央警察署から消えた 証拠品である現金8572万円の補填作業。

報道によれば広島県警のOBや現職警察官らから集めた現金で弁償した。という事実だ。

 

現職の警察官や職員は「俺らには返済の責任はない」と 陰口で「無言の抵抗」をするものが少なくないと耳にする。

 

しかし この程の「県知事の意向を覆させた」県庁職員のような訳にはいかないのが 階級社会である「警察組織」だ。

 

聞くところによると「下級職員は現金補填に反対しているので 現金集めは難しい。職員の積立金である互助会費から 密かに支出されたらしい」とのこと。

 

このように「同じ広島県職員」たる身分は同じであるが 「県庁職員」と「県警職員」との大きな格差に 多くの広島県警職員は 「新型コロナウイルス 国民一律10万円支給問題」で 改めて階級が口封じをする警察社会に不満を思い出したようである。結

 警正協二色のシール

 

追伸

新型コロナウイルスの予防対策に伴い 公明の発案に自民が屈した「全国民 一律10万円支給」が良いか 悪いか 私は「全く理由がない」と反対したい。が、目の前にぶら下げられた10万円札に自分の名前が付してあるのに みすみす 持っていかれる道理もない。

少ない年金生活者となった今 年金天引きで持っていかれ放題の各種税金に待ったはかけられない。どんどん天引きだ。

それならば ぶら下げられた「10万円札」は受け取るほかはない。複雑な気分だ。

4月定例会も休止します

定例会休止の連絡です。 

= 一向に進展しない「新型コロナウイルス」現象のため 4月定例会も休止します =

=毎月第四土曜日に開催していた警正協定例会は当面休止します=

全く進展がみられない「新型コロナウイルス」対策。
止む無く 警正協(令和2年4月)定例会は 休止します。

  警察問題について 急ぎの相談等のある方は 代表 大河原宗平 まで電話で連絡をお願いします。 電話は (携帯) 090-4725-9006 です。
メールは hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

広島県警から消えた8572万円事件は 死亡警察官に全責任で幕引き

2020年2月15日付け中国新聞デジタル版の報道によると2017年5月8日発覚した警察署内で発生の多額盗難事件「広島県警広島中央警察署会計課金庫から消えた8572万円盗難事件」は事件発覚から1012日目である2020年(令和2年)2月14日 死亡原因不明とされていた同署勤務の36歳男性警部補を容疑者(被疑者)と特定し「容疑者(被疑者)死亡」のまま広島地方検察庁へ書類送検して歯切れの悪い幕引きを図った。(本件事件は送致の3月11日 『容疑を裏付ける直接証拠は見つかっていない』として地検は不起訴にしたそうだ。

本件多額窃盗事件では 広島県警関係者やマスコミ等の報道により数々の不可解な人間関係などから「犯人像を推測する内容」もあったが 「死人に一切の責任を被せて終結」を示したようだが 検察の判断が「容疑を裏付ける直接証拠は見つかっていない」と結論付けされる無様な終結で広島県警関係者や広島県民からまだまだ警察に対する不信が続きそうだ。

広島県警の捜査が杜撰だったというほかはない。
このことについて 広島県警の責任者である広島県警本部長鈴木信弘警視監(警視総監のすぐ下の階級)は2020年2月14日広島県警本部で記者会見し綿密捜査、お詫びと再発防止等を表明したようだ。
広島県警本部長鈴木信弘警視監

中国新聞デジタル版の動画を「文字起こし」してみました。音声不鮮明箇所があり完ぺきとは言えませんが「ほぼ完成版」と自己評価しております。それでは どうぞ・・・

「被疑者死亡で送致」の報道から一カ月超が経過してしまい 警正協ブログの更新を気がかりにしていたが やっとここまで書ける時間が持てた。取り急ぎ県警の責任者である本部長の記者会見のお言葉を紐解いてみた。
警視監 鈴木信弘広島県警本部長の 記者会見発言

はじめに
平成29年広島中央警察署において証拠品として保管しておいた多額の現金が盗難被害に遭ったことについては、警察施設内において多額の現金が盗難に遭う あってはならないことであり 県民の皆様の県警察への信頼を 著しく損なうにこととなりました。被害を認知した後、県警察の総力を挙げて捜査をおこなった結果、元当県警察の男性警部補による犯行と特定し、本日、広島地方検察庁に送致いたしましたとともに関係職員の処分を実施いたしました。警察署において証拠品である多額の現金が盗まれたこと、また本件事件が当県警職員の犯行であったことにつきまして 誠に申し訳なく 改めまして深くおわび申し上げます。(ここで約10秒間頭を下げる)

それでは私から説明申し上げます。
平成29年に広島中央警察署において保管中の証拠品であった現金8572万円が盗まれた盗難事件につきましては 、これまでの捜査により被疑者を元当県警察の男性警部補=当時(36)=と特定し、本日、広島地方検察庁に 窃盗罪等で送致いたしました。なお 被疑者につきましては平成29年9月に死亡しておりますので被疑者死亡という形での送致であります。捜査状況についてはこの後 刑事部長から説明させますが 警察署で証拠品の多額現金が窃取されるという あってはならない重大事案につきまして、この被疑者を当県警察で現職にあった警察官と特定するに至り まさに警察官にあるまじき行為と深刻に受け止めております。早期検挙に向けて県警察を挙げて捜査をおこなってきたところでありますが真相究明に長期間を要したことにつきましても 誠に遺憾思うところであります。また捜査の過程において、当該職員には過度なギャンブルにより多額の借財があることが明らかになったところでありますが かかる問題兆候等を組織的に把握できなかったことにつきましても遺憾に堪えません。すでに再発防止策として証拠品管理の厳格化につき諸対策を講じてきたところでございますが 今後ともこれらの対策の実効が上がるよう取り組んでまいりますとともに 引き続き職員の心情等を的確に把握する きめ細かな指導や支援を組織的に実施することに 被疑事案の未然防止を図っていく所存であります。

次に関係職員の処分についておはなしします。
既に 昨年4月 本件証拠品の管理が不適切であったなどとして 同署署長のほか 関係職員の処分を実施したところでございますが被疑者を当県警職員と特定するに至りあらためて関係職員の処分を実施したところであります。今回の処分内容でございますが 発生した結果の重大性等を踏まえまして   同署署長、犯行当時の当署副署長  刑事官および 生活安全課長を それぞれ口頭厳重注意 当時の同署副署長を本部長注意といたしました。

次に再発防止策について説明いたします。
今回の盗難被害については 背景として多額現金などの保管施設等の在り方に改善の余地があったと考えており これを踏まえ すでに証拠品のうち多額の現金などを警察署での保管が困難と認められるものなどについて 新たに整備した警察本部の保管庫での保管を実施し 警察署に設置している現金や 禁制品などの 特殊な証拠品を保管する保管庫について、容量が不足していると認められるものを 大型化するとともに、これら 保管庫の鍵は特定の幹部が管理するなど、証拠品管理の 厳格化に関する諸対策を講じたところでございます。また そのほか セキュリティー対策として、施設への出入り等を撮影できる防犯カメラを警察署に 新たに または 追加して整備し 施設の中を撮影できる防犯カメラを警察署に新たに整備したところであります。今後とも これら諸対策の実効が上がるよう取り組んで参りますとともに 今回の当該職員による犯行の背景に過度な 借財などの実態があったことを重く受け止め、職員の身上を的確に把握して きめ細やかな 指導や支援を組織的に実施するなど、職員に対する指導監督をより一層徹底し再発防止を図ってまいる所存でございます。なお ギャンブルや特定の借財実態など実効ある身上把握を実践すべく、その徹底を全所属に通達することとしております。

次に 押収現金にかかる盗難被害の回復について説明させていただきます。
現在押収した現金は盗難被害にあった詐欺事件の被告人については、詐欺事件を前提犯罪とする組織的犯罪処罰法違反事件により 逮捕・起訴され、現在公判中ではありますが、本年3月4日に刑事判決が言い渡される予定となっております。詐欺事件被害者の被害回復を早期かつ確実に実現するため、特段の対処が必要であるものと判断し、 任意団体を設置し現職職員、OB、その他関係団体等の有志から被害相当額を集めたものであります。仮に、追徴判決が出され 確定した場合には 犯罪被害財産として追徴を命じられた金額を、8572万円を上限として、当該任意団体が被告人にかわり弁済することを内容とする合意書を令和元年9月26日に締結しております。任意団体が弁済することにより被害回復給付金支給法に基づき、検察官の手続きにより、詐欺事件被害者に対して、追徴金を原資として被害回復給付金が支給されることになります。確定判決の内容によって、さまざまな対応がありえ、現時点確定的に対応が決まっているものではありませんが、いずれにしても被害回復給付金支給法に基づき被害者の被害回復に支障が生じることのないようにないように進める必要があると考えたものであります。 

最後になりますが 
あらためまして広島中央警察署における 証拠品である多額現金が窃盗被害にあったこと、またその被害者が当県警職員であったこと(言い間違えて言い直して)「その被疑者が当県警職員であったこと」につきまして、県民のみなさまに深くおわび申し上げます。引き続き的確な身上把握の下、職員に対する指導監督を徹底し、被疑事案の絶無を図ってまいりますとともに、職員が士気高く職務にまい進して県民の安心安全に一層尽力することで、県民の皆様の県警察への信頼を回復し、県民の期待に応える組織づくりに取り組んで参りますことを申し上げ 私からの説明とさせていただきます。<以上ここまで8分43秒>
警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 信号無視違反金9000円と人の命を引き換えにさせてはならない
  • 2020年(令和2年)5月定例会休会のお知らせ
  • 広島中央警察署から 「消えた8572万円事件」 容疑者不起訴処分結末の仕返し放映か?
  • 勇気のある警察官が出てきた(埼玉県警の巡査)
  • 腐った警察を変える力になるだろう。決して退職してはならない。
  • 8572万円を補填した広島県警関係者の怒り(国民一律10万円支給で)
  • 広島県警から消えた8572万円事件は 死亡警察官に全責任で幕引き
  • 定例会休止の継続について =やはり3月定例会も休止します=
  • カンパ御礼(大阪・島本水無瀬局扱いの方へ)
カテゴリー
  • ライブドアブログ