警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

誰だって 不審者に仕立てて「村八分にしてしまう」 今の学校教育者

誰だって 不審者に仕立てて「村八分にしてしまう」 今の学校教育者

平成30年(2018年)11月2日付け 東京新聞【9面】【暮らし】に

「子どもってワケわからん」 

=筆者 岡崎 勝さん(小学校教員 児童雑誌編集者)=

が   「声かけNG」社会は安心??  「不審者は誰か」

と書いている。 大変参考になる記事なので 全部転記させてもらう。

 

新しい学校に転勤したときのことです。新学期が始まって早々ですが、夕方、時間が空いたので、自分の勤める地域の様子をじっくり見ようと自転車で走っていました。

そのとき赤いスポーツウエアを着ていたのですが、公園で遊んでいる低学年の子どもたちに声をかけていると、少し離れたところに幼い子どもを遊ばせている母親たちがいました。

赴任してきたばかりの私を知っている子は少ないので、「学校の先生なんだけどさ」と話しかけていきました。

翌朝、職員室の打ち合わせで、不審者情報が報告され、「赤いジャージーの男が・・・」と教頭が言うと、前に座っていた若い同僚が「岡崎先生のことじゃないの」と笑いながら言うので、気になって詳細を聞きに行きました。

やはり私のことのようで、教頭が「警察には伝えておくよ」と、これまた笑いながら言います。

「不審者情報」というのは安全安心200%くらいのために、制限もなくネットで市民の間をとびかいます。

地域で子どもたちに声をかけるだけで不審者「かもしれない」とか、誘拐犯「かもしれない」と警戒態勢を取るのですが、当人に話しかけてみるとか、地域の人どうしで確認してみるとかはできないのでしょうか

安心安全体制にどっぷりつかると、ちょっとしたアクシデントにも弱いと私は思っています。もちろん相手にもよりますが、疑う前にまず声をかけてみるというくらいのことをしてもよいのではないかと思います。

子どもに声をかけるのもためらってしまうような社会は、決して安心でも安全でもないような気がします。まだ、昼下がりに「はでなジャージーで自転車」がまずかったかなと、少し反省はしていますが。

 

というものだ。

 

全く同じ現象が私・大河原宗平におこっている。

今年7月中旬。夏の暑い日。水分補強のドリンクを買うために(群馬県高崎市立)馬庭小学校近くのコンビニ駐車場に自家用の軽自動車で止まった。

開けていた窓ガラスを閉める間もなく いきなり「あんた 小学校の子どもに声かけをしてるかい?」と 無精ひげでニッカポッカを履いた作業員風の男性が高飛車に声をかけてきた。

 

「冗談じゃねえ。見てのとおり 自動車に実名で学校給食費無料化の貼物をしている俺(大河原)が何で 子どもに悪りいことをしようがある。」と言い返すと 以前から私・大河原宗平を知っていたようで、「あれ? 大河原さんですか?」と言う。

そうだよ「ここに名前が書いてあるとおりだ」

 高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索

とこんな調子の出来事があった。

要は 学校の教職員にとって とっても都合の悪い「学校給食費無料化運動」を広めている私・大河原宗平を教職員は「不審者に仕立てて」児童である子どもたちや保護者から引き離し「村八分」にしているのだ。

 

私・大河原宗平は「この地域の不審者」。

 

とんでもない悪者に仕立てられている。

 

登下校の子どもたちは「学校給食費無料化」を喜んで私・大河原宗平に親しみを感じ すれ違うたびに あちらから「頑張ってください」と声をかけてくれていたのだ。最近はハイタッチさえしてくれていた。

 

その矢先に「不審者情報の頒布」だ。

 

「学校だより」の強みを使って保護者 地域の役員 警察 にまで 「不審者として手配」していたのだった。

 

警察まで巻き起こんで私・大河原宗平を「不審者に仕立てたこと」は穏やかではない。

私・大河原宗平の反撃は始まった。こんな出来事依頼 下校時間帯に同校の周辺をパトロールする地元交番や地域課のパトカーに対して こちらから先に 職務質問をかけるのだ。

 

地域の公民館に隠れているパトカーに「誰の許可を取ってここに入っている?」。

「お前は 先ほどお横断歩行者がいたのに 歩行者を保護しなかった(道路交通法の)歩行差妨害違反だ」などと。(動画があるから 時期が来たらYouTubeにアップしようと考えている。)

 

警察の対応は「学校から不審者として大河原が手配されているが 大河原は不審者ではない」ことを十分知っているが 学校から不審者の警戒を要請されているから 学校に対する面子だけで 下校時間帯にパトカーの姿を見せて 「警察は警戒をしている」とPRしているだけなのだ。

馬鹿なお巡り(警察官)共で 学校に対して 「あれは不審者じゃない」と言えないのだ。

 

中でも一番悪質なのは 同校の校長「古澤浩明」だ。

学校のすぐ前の信号交差点で 形ばかりの児童の迎え入れをパフォーマンスしている。

この校長が立っている反対側の交通量の多い道路では自爆の死亡事故も過去に発生している。横断中のお年寄りもはねられて死亡している。いずれの地点も通学路だ。

学校長が立っている場所はさほど交通事故抑止に役立っていない。

 

その間抜け(とあえて言うが)その校長が立っている学校の前を私・大河原宗平はいつも通勤だから同じ時間に通っている。帰りも同じ時間帯だ。下校時間に校長は立っていない。 

 

一緒に交通整理をしている地元交通指導隊長も 私・大河原宗平の警察官現職当時からの知り合いで この車が「元警察官の大河原だ」ということは十分知っている。 

 

その人物(大河原)こそ その昔 「馬庭小学校児童の安全確保に全面協力した警察官だった・・・」ということを知っているからだ。

だから 交通指導隊長が立っている時だけは「古澤校長を無視して」指導隊長とあいさつを交わす。

 

こんな態度も気に入らなかったのかも知れない。私・大河原宗平はこの古澤校長とは面識がないから あいさつする方がおかしい。

 

さて 岡崎 勝さんの投稿記事にもあるように 「地域の人どうしで確認してみるとかはできないのでしょうか」ということに この問題の「最終地点」をみつけてみたい。

 

結論は「学校に子どもを人質を取られている 保護者が 学校に(文句じみた)意見が言えるのか」ということだ。

自分の子どもに 

「少しでもいい成績を貰いたい。少しでも高く評価して貰いたい。少しでも可愛がっ

て貰いたい。」

と思っている保護者が 学校に苦情じみた意見は言い難いだろう。

 

そんな学校様様。先生様様。と祭り上げている世論が 学校の先生(と呼ばれている人々)を 非常識な人間に仕立て上げてしまっているのだ。

陰では「先生馬鹿」という言葉もささやかれているが 面と向かって物は言えない そんな実情が 今の学校を取り巻く環境ではなかろうか。

 

いずれにしても 教職員にとって都合の悪い「学校給食費無料化運動」を潰すために 児童 保護者 を 操って 「不審者に仕立てている」学校や市教育委員会とのバトルはまだまだ続くことだろう。

 

年間48万6000円も市民の税金から支払っている専用駐車場に無料で駐車している馬庭小学校の教職員も許せない。駐車場代金を支払ってもらう運動も続くだろう。

その末には 高崎市全域における「学校給食費無料化の実現」が待っている。

 

 

高崎市の「給食費を無料にする会(代表 大河原宗平)」のメールアドレスが決まりました。お知らせします。
muryouka_takasaki@yahoo.co.jp
です。よろしくお願いします。

 

警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年11月定例会)

警正協定例会開催のお知らせ(平成30年11月定例会)
「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??

(注:毎月の事前告知が遅くなっていますが 「定例会」ですので 

「毎月第四土曜日 13:30~に変わりはありません.。御承知

おきください。)
冒頭お断り「平成30年12月(12月22日・土)の定例会」は代表大河原宗平の都合により 休止いたします。参加各位の自主的な参加・話し合いは行ってもらっても差し支えありません。大河原は欠席します。


·        それでは 警正協定例会のご案内をいたします。

警正協の 平成30年11定例会は 従来通り第四土曜日に開催いたします。 

日時 : 11月24日(土)13時30分~ 

場所 : 「ガスト高崎駅前店」    (群馬県高崎市・JR高崎駅の東口の近くです。)

参加費: 無料・無しです。 (ドリンクー等 個人の飲食は各自の負担です。)

今月の議題 

  本年も 残すところ 二カ月を切ってしまいました。

別のツイッターに  「警察の正常化に 一歩一歩前進・貢献している。 更に頑張りましょう。 <警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>  と つぶやいたのですが 最近 警察内部からも また そうではない方々からも 沢山のご意見をいただくようになった」というのが私・大河原宗平の実感です。これも熱心に「警察の正常化」を志す有志のおかげと感謝いたします。定例会を更に継続させてこの活動を前に進めたいと考えております。

 

というところで 「今月(11月)の議題」は 「警察問題 何でも・いろいろ」とさせていただきます。

多くの皆さんの 参加を お待ちしております。
  

< その他 ご案内>

会場は「群馬県高崎市・JR高崎駅の東口から近いです。席の予約はありません。 
       早く到着された方の判断で着席、席を確保してください。  なお、到着された方がバラバラに席を取っていたり 大河原が店内にいることに 気付かないで時間だけをやり過ごしてしまっているケースが見られます。 午後1時30分になりましたら店内で大河原を探してください。必ず店内のどこかに行っています。


※ 但し 宗教の拡散活動等を目的とした方の参加はお断りしています。

 不明な点がありましたら、警正協 代表 大河原宗平の携帯 「090-4725-9006」まで直接連絡ください。

また メールアドレスは以下のとおりです。どうぞ ご利用ください。hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp
では お待ちしています。

警察が保護した泥酔者を 死亡させる事件続出 その原因は???

警察が保護した泥酔者を 死亡させる事件続出 その原因は???

 

全国警察で 「保護」名目による 被保護者を死亡させる事件が相次いでいる。見方によれば 力関係における「殺人事件」と言っても間違いではないのだろう・・・

 

その事例としては ちょっと前になるが「佐賀県の安永健太さん事件」そして 最近の「大阪府警」、「埼玉県警」と続く。

 元警部補 大河原宗平氏 2 要人警護

そんな中 今日(11月3日)は NHKテレビで 「全日本剣道大会」を放映する(した)ようだ。

上位に上がってくる選手は 「警視庁」とか「どこどこ府県警察」とばかりの紹介だ。

 

「警察のお家芸」と言われているのが「柔道」「剣道」だ。

その剣道大会が本日行われたということだ。

 

警察官になると この「柔道」「剣道」の他に空手当て身や合気道の逆技などを真似た「逮捕術」というのを習う。

 

この指導者を誰がやっているかというと この「全日本剣道大会」や「全国警察柔道・剣道大会」に出た経験を持つ「柔道」「剣道」に優れた専門家達だ。

 

彼らの職業は「警察官」ということだが それは名目だけであって 皆さんが見ている「警察官」とは 全く違うところで生きている者達です。

 

職務が「柔道」「剣道」の訓練・修行。

こんな警察官が 警察組織には沢山いるのです。

 

そこで 「被保護者を死亡させるような技の指導者を誰がやっているか」というところに話を戻そう。

勤務の全部を道場で生活している「仮面警察官」、「職業=柔道・剣道」という職業人は年齢を重ねたり 選手生活から落ちると行き場がなくなる。その結果、本来の警察実務には不慣れであるから 交番・駐在所などの 誰でもできるポストへ多くが回される。

 

それでも彼らには「選手生活時代のプライド」がある。長年道場での生活をしているうちに同僚から警察実務で遅れを取る。刑事にもなれない。ましては専門職である「警備公安」にも行けない。

その結果「警察官という身分を捨てて」普通職員の「柔道・剣道・逮捕術の専門職」に変身する。警察官という身分を捨てて いわゆる技術職の警察職員になるのだ。


人数の多い警察では 機動隊や警察署における「柔道・剣道・逮捕術の指導者のポスト」につく者も多数ある。

人数の少ない警察ではその(指導者)ポストは少ない。この職業ポストを求める競争もあるのだ。

 

こんな連中が 新人警察官らに保護に必要な技である「逮捕術」を教える指導者になるのだ。

 

だから 酔っ払った人や 心身に障がいを持つ方々に適切に対応する手法を教えられる筈がない。警察実務の経験がないのだから当然である。

 

結果として 「殺すまで締めてしまう」。「骨を折るまで曲げてしまう」。のです。

 

力の入れ具合も知らない警察官を作ってしまう というのが 根本的な問題であると考えます。

<追記>
なお 11月3~4~日と 柔道の世界では 「講道館杯」なる大会も繰り広げられているようですが 柔道の大会では 職業又は所属を「警察官」としている選手が少ないと思っているのは 私・大河原宗平だけだろうか?
 このことについて 「警察の手当では 柔道選手の身体を支える栄養が補給できない。更に選手を降ろされたら行く職場がない。一流の柔道選手をして注目されていた自分が 交番・駐在所勤務まで身分を落として恥はかけない。 それならば選手として高い俸給を貰える民間企業の広告塔として将来の生活分のお金を貯めた方がいい。」という裏話もあっって 警察柔道は 民間企業に 選手を取られているようだ。


警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 消えた8572万円どう補填?「広島県警に 常識なし」との情報が届く
  • 虚偽捜査報告書作成(虚偽有印公文書作成)は 警察のお家芸なのか??
  • 誰だって 不審者に仕立てて「村八分にしてしまう」 今の学校教育者
  • 警察が保護した泥酔者を 死亡させる事件続出 その原因は???
  • 警衛警護要員の教養に 本当に けん銃を持っていったのか?
  • 神奈川県警伊勢佐木警察署の警部が万引後に事後強盗で逮捕された
  • 警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年9月定例会)
  • 今度は 群馬県も防災ヘリを墜落させたか
  • 警正協 定例会開催のお知らせ(平成30年7月定例会)
カテゴリー
  • ライブドアブログ