警正協とは、デタラメ警察を監視し、不正を追及・糾弾する、真に国民のためになる日本警察の実現を目指す、民間警察監視組織(任意団体)です。
「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)」
代表 大河原宗平 連絡先 携帯電話 090-4725-9006 (受信専用番号)

定例会開催のお知らせ(平成31年02月定例会)

定例会開催のお知らせ(平成31年02月定例会)
「警察正常化協議会」 (警正協 けいせいきょう KSK)  100=??

(注:毎月の事前告知が遅くなっていますが 「定例会」ですので 

「毎月第四土曜日 13:30~に変わりはありません.。御承知

おきください。)

警察正常化協議会

警正協 KSK)の 2019年(平成31年) 2月定例会は 従来どおり第四土曜日に開催いたします。 

日時 : 2019年(平成31年)02月23日(土)  13時30分~ 

場所 : 「ガスト高崎駅前店」    (群馬県高崎市・JR高崎駅の東口の近くです。)

参加費: 無料・無し です。 (ドリンクー等個人の飲食は各自の負担です。)

今月の議題 

  本年も 警察問題が多すぎて 定例会のお知らせを出すのを忘れてました。

議題は「警察問題 もろもろ」とします。

警察問題 何~んでも  です。

 

多くの皆さんの 参加を お待ちしております。
  

 その他 ご案内>

会場は「群馬県高崎市・JR高崎駅の東口から近いです。席の予約はありません。 
      
 早く到着された方の判断で着席、席を確保してください。  なお、到着された方がバラバラに席を取っていたり 大河原が店内にいることに 気付かないで時間だけをやり過ごしてしまっているケースが見られます。 午後1時30分になりましたら店内で大河原を探してください。必ず店内のどこかに行っています。


 但し 宗教の拡散活動等を目的とした方の参加はお断りしています。

 不明な点がありましたら、警正協 代表 大河原宗平の携帯 「090-4725-9006」まで直接連絡ください。

また メールアドレスは以下のとおりです。どうぞ ご利用ください。hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

滋賀県警 滝口一也首席監察官 コメント

滋賀県警察本部(監察課?)の滝口一也首席監察官は 「県民の信頼回復に組織を挙げて取り組んでいる中 誠に遺憾な事案であり 調査結果を踏まえ厳正に処分しました。 職員に対する指導・教養を再度徹底します。」とのコメントが 報道されていました。

宣伝カー(2)

皆さんは 警察から受けた不条理な対応や 警察官の態度などに対する苦情・意見を 「監察課」というところが受けてくれる  と お思いでしょうが これは大きな間違いです。

「監察課」と言うのは 警察内部の組織です。
刑事部や 交通部と 同じ貉です。

ですから「監察課に苦情や相談」を持ち込むことは 一般国民の苦情や意見を「敵(警察)に教えてしまうことになる」のです。苦情をいち早く知るアンテナになっています。

勘違いしないでくださいね。

「公安委員会」なんて言うのも 同じです。
委員は 確かに一般から選ばれた有識者(?) だとされていますが 毎日勤務している訳ではありません。

「公安委員会に意見が伝えたい」 「公安委員会に手紙を出した」などと 安心していると 大間違いです。

公安委員会の事務を 警察官や警察の事務職が担当しています。
公安委員に意見が伝わる前に 警察内部に その苦情・意見が 回されてしまい 「ガードされてしまう」のです。

老婆心ながら・・・

「史上最少の交通死亡事故」皆さんは こんな 数字を信じますか

警察正常化協議会
「史上最少の交通死亡事故」皆さんは こんな 数字を信じますか

 

本日 警察庁から 平成30年中の 全国の交通死亡事故件数が「3532人で 統計を取り始めた資料が残る 1948年(昭和23年?)以来過去最少」との発表があったようだ。

皆さんは この発表・数字が信じられますか??

 

私・大河原宗平は全く信じていません。

何故ならば 警察の死亡事故件数のカウントは 「24時間以内にお亡くなりになった交通事故だけをカウントしているから」です。

 

重篤な症状で病院に搬送された負傷者が 事実上は「死亡状態」だが 高度な医療器具で 人工呼吸 人口蘇生 で 「心臓と呼吸をつないでいる状態」をつくり 24時間を経過してもらったら 「死亡事故にカウントしない」というデタラメな統計だからです。

 

私・大河原宗平も現役時代 随分と 病院に電話を入れて「生かしておいてください。」とお願いした経験を持つから明言できるのです。

 

実際には 群馬県警の桐生警察署の交通課勤務当時 隣にある 桐生厚生病院に直接足を運び または 当直勤務中に発生した交通事故で この病院に運ばれた患者を「24時間は 生かしてもらいたい」とお願いした 恥ずかしい経験を持っているから言えるのです。

 

交通事故による 人の死を 「カウントする」などという 表現をしては 大変な不敬に当たりますが 警察の現場では 堂々とこの不条理がまかり通っているから あえてここで暴露するのです。

 

便利な自動車交通。

しかし 一旦 交通事故が発生してしまい 一方の当事者となってしまったら 「相手が死ぬかもしれない」という 大変な事態に陥ってしまいます。

 

これが 交通事故の恐ろしいところです。

 

その結果 運転免許証は 取り消され 相手を死亡させた刑事上・民事上の責任が発生する。人生真っ逆さまに 転落して行きます。

 

警察は 安易に 運転者を 逮捕して 牢屋に入れる。

 

警察内部では 「運転者が責任を感じて 自殺されないためだ」 とか 「死者の葬儀に参列できなかったのは 警察に逮捕されていたからだ。 葬儀に参列したら 親族から 酷い罵声を浴びせられるのを 防いでやっているのだ。 加害者側の人権を保護してやっているのだ。」などと 逮捕の正当性を 伝承している(た)。

 

このように 便利な 自動車の運転行為。一旦 事があると 人生が一変する

大事態が 交通事故だ。

 

自動車の運転は楽しい。だから運転する。

 

警察内部でも 「パトカーを運転できるようになった」などと ホコリに感じ

て パトカーや 覆面パトカーなどの運転を 買って出るのだが 実は 交通

事故で苦い経験を持つ 警察官は 警察車両の運転を買って出ない。 誰かに

運転させて 自分は同乗者に廻る。

 

こんな リスクを持つのが自動車の運転。

 

運悪く 死亡事故を 起こしてしまった。

 

ここで問題なのは 

  24時間以内の即死事故だけを 交通死亡事故にカウントして 交通事故

が減った。 警察の取締りの成果だ。

と 広報したり 思い込んでいて いいのだろうか?

 

話が戻るが 24時間 命をつないでもらった医療行為 で 「死亡事故にカ

ウントされない交通事故」が いったいどれほどあるのだろうか? という疑

問を持たなければならない だろう。

 

それでは ここでいう 「死亡事故のカウントされていない から 死亡事故

の責任を問われていない」と言えるのだろうか?

そんなことはない。 

 

残念ながら 24時間経過した後に お亡くなりになる事故が そのカウント

の何倍あるのだか 調べたことがありますか?

 

私・大河原宗平は 警察が嫌いだから あえて この問題には 首を突っ込ま

ないでいるが マスコミが 24時間経過後に お亡くなりになった 交通事

故まで調査して発表する日が来ることを 期待して 読者の皆様に 問題提起

だけを しておきたい。

 

もう一つ さらに 付け加えれば 警察は 「交通事故がないように交通取締

りをする」と 隠れ取締りを正当化しているが 人身事故にならない 物件事

故(物損事故ともいう)を起こした 原因者が 処罰されているだろうか?

圧倒的多数が 全く処罰されていないのが実態です。

 

「交通事故がないように取締りをする」と 大気名分を言うが 物損事故は起

こしても 処罰も反則切符も全く無い実態。

警察の説明は 全く理の通らない 変な理屈です。

 

今 話題の 国の 「統計が不正問題 真っ盛り中」に発表する 警察の交通

死亡事故統計問題 に 大きな 疑問 と問題を提起したい。

 

警察庁も国の機関だ。

 

国の「統計が不正問題 真っ盛り中」のあぺ政治(安倍政治)を 誤魔化す

目的で この時期に 交通事故統計を堂々と発表する警察庁。

 

何だか 来るべく国政選挙を有利に展開させる意図で 警察庁が 肩入れして

いるようにしか見えない

 

国会においては「毎月勤労統計不正問題」を徹底追及してもらいたい と同時

に警察の統計デタラメも 追及材料に使ってもらえれば 幸いである。

 

<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>

警正協 代表 大河原宗平

警正協 定例会のご案内

警正協では毎月第4土曜日に群馬県高崎市内にて定例会を開催しています。
◎ 開 催 日 毎月第4土曜日 午後1時30分~
◎ 開催場所 群馬県高崎市内(※当面は下記ファミレスにて)
「ガスト高崎駅前店」
(所在地 高崎市栄町17-26)
※JR高崎駅東口駅前 徒歩2分 (特に席の予約は致しません)
◎ 議 題 その時々の参加者の自由発言とします。
◎ 会 費 なし。 但し、ドリンクバー等の飲食代は 自己負担とします。
☆ 参加は自由です。(予約等は不要です) 大勢の皆さんの参加を歓迎いたします。
※但し、宗教の勧誘等を目的とした方の参加はお断りします。

資金カンパ受付口座について


警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう) では 合理的な活動を行うために 理解ある方々からの 資金カンパをお願いすることになりました。

つきましては この程 ゆうちょ銀行の 「振込口座」を 開設しました。
経理は 明確に致しますので ご理解をお願いいたします。

口座番号等は 以下のとおりです。

口座記号等  00140=8= 264553 
(最後尾の『口座番号欄』は 6ケタです。 振込取扱票(郵貯の窓口で無料)記入枠が 7ケタで、右詰めで記入となっていますのでご注意ください。)

加入者名  警察正常化協議会(会の名称そのものです。)

ご協力いただける方の「おところ」「おなまえ」「ご連絡先電話番号」など必要事項を記入いただくことになっています。 尚、手数料は ご協力いただける方のご負担(ATM機で80円)となります。 

よろしく ご協力を お願いいたします。

記事検索
ギャラリー
  • 滋賀県警  滝口一也首席監察官 コメント
  • 「史上最少の交通死亡事故」皆さんは こんな 数字を信じますか
  • 広島中央警察署の金庫から 消えた約8500万円事件 その補填は警察内部で?
  • 定例会開催のお知らせ(2019年 平成31年01月定例会)
  • 重要なお知らせ 「講演会&パネルディスカッション」ご案内
  • 消えた8572万円どう補填?「広島県警に 常識なし」との情報が届く
  • 虚偽捜査報告書作成(虚偽有印公文書作成)は 警察のお家芸なのか??
  • 誰だって 不審者に仕立てて「村八分にしてしまう」 今の学校教育者
  • 警察が保護した泥酔者を 死亡させる事件続出 その原因は???
カテゴリー
  • ライブドアブログ